人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入

その他 全般

【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
  • 【レポート】“ルークの断髪”に“バルバトスのモニター”も!「テイルズ オブ 20周年展」に潜入
明日8月7日から東京・秋葉原UDXで開催される「テイルズ オブ 20周年展 -TALES OF MUSEUM-」(以下、20周年展)の内覧会レポートをお届けします。

「20周年展」は、RPG『テイルズ オブ』シリーズの20周年記念として実施される展示会イベントです。謎解きをしながらイラストなどを閲覧できるほか、ゲームに登場するキャラクターのオーディオガイドが採用されており、それらで本シリーズの歴史を振り返ることができる内容となっています。

◆ゲームに入り込んだかのようなストーリー


他の展示物を見る

「20周年展」はただの展示会ではなく、ここだけのストーリーを楽しめるのが特徴。まず入場時に「ユーリ」「ルーク」「ミラ」「スレイ」の4キャラクターからパートナーを選択し、謎解きの問題が書かれた「パートナーカード」を受け取ります。


彼らは「20周年展」最初のコーナーである「プロローグシアターゾーン」のミニスキットに登場するキャラクターたちで、来場者(プレイヤー)は「パートナーと『テイルズ オブ』シリーズの世界を旅して、あるものを見つけだす」ことに。「20周年展」でしか体験できない、あなたとパートナーの物語が始まるのです。

なお、入場時に音声ガイダンス機の貸し出しが有料(800円)で行われており、先ほど選んだパートナーの声を聞きながら展示会を楽しむこともできます。

◆歴代『テイルズ オブ』貴重な資料が満載



「プロローグシアターゾーン」の次は、マザーシップタイトルを中心とした歴史を振振り返る「ヒストリーゾーン」です。ここでは歴代『テイルズ オブ』の資料はもちろんのこと、各タイトルの関連グッズ、限定版、キャラ達のセリフパネルなどを展示。




特にユニークなのが「バルバトスのモニター」で、新規の若本ボイスが響き渡っていました。また「ルークの断髪」や「導師の手袋」といった展示もありますよ。さらに、記念撮影が楽しめるフォトスポットや、隠れノルミンを探す遊びも見逃せません。

◆物語はクライマックスへ


「プロローグシアターゾーン」を歩いていると、宝箱を発見することがあります。この宝箱には謎解きのヒントが入っており、来場者はこのヒントを駆使して謎を解いていくのですが、この謎解きの回答によって、なんと物語のエンディングが変化します。詳しくはご自身の目でご確認ください。

◆クライマックスの後




「プロローグシアターゾーン」の次は「ギャラリーゾーン」と「フォトゾーン」が広がっており、心躍る「20周年展」もこれで最後。こちらではいのまた先生・藤島先生の原画、キャストサイン、『ゼスティリア』に登場するドラゴン、『アビス』のトクナガのバルーンが展示されているほか、ガシャポンコーナーやプリントシール機を楽しむことができます。



会場には物販コーナーも用意されており、「ハローキティ」コラボなどの会場限定グッズを購入することができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「テイルズ オブ 20周年 -TALES OF MUSEUM-」は、2015年8月7日 ~ 23日に東京・秋葉原UDX 2F アキバ・スクエアにて開催予定。チケット料金は、前売券が1,800円(税込)、当日券が2,000円(税込)です。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)1976,2015 SANRIO CO.,LTD.APPROVAL NO.S561026
《栗本 浩大》

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

    【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

    【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  4. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  5. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  6. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  7. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  8. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  9. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る