人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け

その他 アーケード

【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
先日予告したとおり、7月24日に開催されたセガ・インタラクティブのプライベートショー「SEGA PRIVATE SHOW 2015 SUMMER」に出展されていた、最終版『艦これアーケード』のレポート記事をお届けします。

【続報】
AC『艦これアーケード』ロケテ開催日決定! 秋葉原にて12月18日から20日まで

『艦これアーケード』は、筐体から払い出される「艦娘カード」を集めて自艦隊を編成し、敵艦隊の潜む海域に挑む「艦隊型育成カードゲーム」です。艦娘たちは3DCGで登場し、迫力の戦闘を展開。艦娘たちを操舵輪と船速レバーで自由に操作し、リアルタイムに戦闘が行われる「砲雷撃戦システム」や、リアルなカードと3Dで表現される魅力満載の艦娘たちが魅力です。



稼動は今秋を予定。プレイ料金はまだ発表されていませんが、予め「GP」と呼ばれるゲーム内クレジットを購入し、ゲームをプレイすると「GP」が消費していく仕組みになっています。

会場で撮影した写真はこちら

今回出展されていた筐体は、今秋の稼動に向けて開発が進められている最終版で、公式サイトいわく「操作性とクオリティを大幅に向上!さらに深化したシステムで現在開発最終段階」なのだとか。なんとも期待が膨らむ表記ですが、その実情は「前とは別物」でした。

◆ファーストインプレッション




「JAEPO 2015」版は「ブラウザ版をベースにアニメ演出を入れた」という印象でしたが、今回プレイしてみたところ、「ブラウザ版をベースにアニメ演出を入れ、さらにシミュレーション要素を強めた」という印象に。詳細は後述しますが、前回プレイした時とは比べ物にならないほど“ゲームとして面白い”内容になっており、まさにシステムが深化しています。



また、映像表現や細かな操作性のクオリティも確かに向上。ぱっと見の印象こそ変わっていませんが、ロケテストや「JAEPO 2015」時の『艦これアーケード』とは別物でした。

◆ブラウザ版のシステムを追加




新たに「建造」「開発」「入渠」「装備変化」が追加されました。各機能はブラウザ版と同じですが、「建造」が追加されたことにより、出撃しなくても艦娘を手に入れることが可能に。各機能で使用する資材は、「GP」の購入で補充されるほか、ログインボーナスの様な形でも補充される予定。資材の貯蔵上限は、司令部Lvによって変化します。

なお、レシピなどはブラウザ版とそれほど変わらないそうで、今までブラウザ版で培ってきた知識は、アーケード版でも活かすことができそうです。

◆プレイ料金の変化




「GP」の消費部分が一部変更され、海域への出撃のみ時間消費ではなく、買い切りに変更されました。例えば「カムラン半島」に出撃するには200GPが必要で、出撃後は「GP」を消費せず、制限時間である4分間プレイすることができます。



ただし、提督室では従来どおり1秒につき1GPを消費するため注意が必要……なのですが、「操舵輪」を回転させることで、提督室のカメラを回すことが可能に。つまり、3DCGとなった艦娘を様々な角度から見ることができるのです。ゲーム攻略とは直接的に関係ありませんが、この機能は脅威です。

◆戦闘システム




今回もっとも変化したのが戦闘システムです。「JAEPO 2015」版ではRPGのアクティブターンバトルのような印象を受けましたが、今回はリアルタイムストラテジーのようなシステムに。本稿では、その基本概要を「位置関係」と「攻撃」の2項目に別けて説明します。

■交戦形態



「操舵輪」と「船速レバー」で自由自在に移動できるシステムは変わりませんが、ブラウザ版と同じく“反航”“T字”“同航”といった「交戦形態」が追加され、「陣形」変更も可能に。さらに攻撃方法が「主砲」「副砲」「魚雷」「航空攻撃」の4種類になり、各攻撃には「射程距離」の概念があるため、位置関係が重要になりました。



また敵攻撃の弾着地点が表示されるようになったため、移動して回避することも可能に。ただし、移動速度によって艦隊の「疲労度」が上がってしまうため、状況に応じてスピードを調整する必要があります。

■攻撃



「砲撃」ゲージのUIが見直され、画面中央右側に各艦娘の状況が表示されるように。ここのゲージが溜まると、「主砲」で攻撃することができます。また、各攻撃の着弾位置を大まかに指定することも可能になり、敵の行動を先読みして指定すると、命中率が向上します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『艦これアーケード』は2016年春稼動予定です。

(C)SEGA (C)2014「艦これ」連合艦隊司令部
(C)2015 DMM.com POWERCHORD STUDIO /
C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. 「ワンピース」より「ルフィ」の女体化フィギュアが登場、元気なイメージはそのままセクシーな姿に

    「ワンピース」より「ルフィ」の女体化フィギュアが登場、元気なイメージはそのままセクシーな姿に

  3. 海軍女剣士「たしぎ」が競泳水着姿で「P.O.Pワンピースシリーズ」に登場 、ボディラインくっきりで困惑の表情

    海軍女剣士「たしぎ」が競泳水着姿で「P.O.Pワンピースシリーズ」に登場 、ボディラインくっきりで困惑の表情

  4. 「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project」統括プロデューサーの内海洋がセガを退社

  5. ユニクロ、「任天堂」Tシャツデザインコンテストを開催…優秀者には「NX」

  6. 「RAVE」全35巻296話の無料配信が順次スタート! 今日だけで一気に5巻まで読破可能

  7. 河森正治×サテライトによる新作アニメ「THE NEXT」発表

  8. 「D.Gray-man HALLOW」第1話のアレンたちの姿が明らかに!タイトルは「14番目」

  9. 【昨日のまとめ】「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売、『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンの紹介映像公開、『スプラトゥーン』“最後のフェス”発表…など(6/30)

  10. AC『ポッ拳』大型アプデは7月20日実施、14日のニコ生では新バトルポケモンの情報も

アクセスランキングをもっと見る

page top