人生にゲームをプラスするメディア

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる

モバイル・スマートフォン iPhone

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
『艦隊これくしょん』のクローンゲームが中国で人気を集めています。

本家『艦これ』を中国からプレイすることは、IPアドレスの制限により基本的にはできませんが、VPNなどを利用して接続する提督も存在しています。しかし日本語の壁などもあり、そのようなユーザーは全体の数からみるとごく少数。かわりに『艦これ』をインスパイアしたゲームが多数リリースされています。中には、あまりに似すぎているため中国の『艦これ』ファンたちが激怒し、サーバーを落とす事件にまで発展した『艦娘世界』なども存在しています。



一方で、Androidアプリとしてリリースされ、現在はiOSでもプレイできる『戦艦少女』では、交流会イベントなどのオフラインイベントもも開かれており、順調にプレイヤー数を伸ばしてきています。この『戦艦少女』も本家『艦これ』を真似ている部分が存在しますが、オリジナルの要素も取り入れており、独自の発展を目指している模様。 試しにインストールしてみたところ、チュートリアルも充実しており、初心者がかなりとっつきやすい作りになっていました。

他の画像も見る

そのほかにも有名どころでは『炮妹』などがあり、こちらもAndroid/iOSに対応。サイトを訪れてみると日本語のテーマソングまで用意されていました。



『艦これ』クローンは今後も続々と登場するとは思われますが、目新しさがなくなってしまった今、独自の展開がない限りユーザー数を伸ばしていくことは難しいと思われます。 しかし、『戦艦少女』のように多くのファンを持ち人気タイトルに発展しつついるものに関しては、それだけの人を引きつける内容を持っているため、もしかしたら将来本家を脅かす存在になるのかもしれません。
《菜種》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

    『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

  2. 『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

    『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

  3. 『チェインクロニクル3』公式ニコ生「ェンクロ 2017 春の陣」開催…『アトリエ』コラボ復刻イベントも開催

    『チェインクロニクル3』公式ニコ生「ェンクロ 2017 春の陣」開催…『アトリエ』コラボ復刻イベントも開催

  4. 『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表

  5. 『オルタンシア・サーガ』800万DL突破! 最大50個の聖王石がもらえるキャンペーンを開催

  6. 『ポケモンGO』進化後ポケモン捕獲時にもらえるアメが増え、新たな音楽も! 配信中の最新アップデート続報

  7. 【特集】ゴブリン転生RPG『リ・モンスター』で最弱から成り上がれ!魅力を総まとめ

  8. アプリ版『けものフレンズ』12月14日にサービス終了…TVアニメの放送を待たずに幕

  9. 中国の人気アプリ『陰陽師』が凄い ― 平安時代の日本が舞台、有名声優多数起用でセリフは全て日本語

  10. 『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から! エミヤ[オルタ]など新サーヴァントが登場…マスターレベル解放や新機能「サウンドプレイヤー」の追加も

アクセスランキングをもっと見る