人生にゲームをプラスするメディア

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる

モバイル・スマートフォン iPhone

『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
  • 『艦これ』クローンが中国で人気、独自の発展を遂げる
『艦隊これくしょん』のクローンゲームが中国で人気を集めています。

本家『艦これ』を中国からプレイすることは、IPアドレスの制限により基本的にはできませんが、VPNなどを利用して接続する提督も存在しています。しかし日本語の壁などもあり、そのようなユーザーは全体の数からみるとごく少数。かわりに『艦これ』をインスパイアしたゲームが多数リリースされています。中には、あまりに似すぎているため中国の『艦これ』ファンたちが激怒し、サーバーを落とす事件にまで発展した『艦娘世界』なども存在しています。



一方で、Androidアプリとしてリリースされ、現在はiOSでもプレイできる『戦艦少女』では、交流会イベントなどのオフラインイベントもも開かれており、順調にプレイヤー数を伸ばしてきています。この『戦艦少女』も本家『艦これ』を真似ている部分が存在しますが、オリジナルの要素も取り入れており、独自の発展を目指している模様。 試しにインストールしてみたところ、チュートリアルも充実しており、初心者がかなりとっつきやすい作りになっていました。

他の画像も見る

そのほかにも有名どころでは『炮妹』などがあり、こちらもAndroid/iOSに対応。サイトを訪れてみると日本語のテーマソングまで用意されていました。



『艦これ』クローンは今後も続々と登場するとは思われますが、目新しさがなくなってしまった今、独自の展開がない限りユーザー数を伸ばしていくことは難しいと思われます。 しかし、『戦艦少女』のように多くのファンを持ち人気タイトルに発展しつついるものに関しては、それだけの人を引きつける内容を持っているため、もしかしたら将来本家を脅かす存在になるのかもしれません。
《菜種》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『夢色キャスト』×「文豪ストレイドッグス」コラボの事前登録が4万件超え! 特設サイトで最新情報公開

    『夢色キャスト』×「文豪ストレイドッグス」コラボの事前登録が4万件超え! 特設サイトで最新情報公開

  2. 『アンジュ・ヴィエルジュ』オリジナルイベント「目覚めし巨竜と魔女王」開催!URディアンナを手に入れよう

    『アンジュ・ヴィエルジュ』オリジナルイベント「目覚めし巨竜と魔女王」開催!URディアンナを手に入れよう

  3. 『ポケモンGO』バージョン0.53.2配信開始、韓国でもプレイ可能に

    『ポケモンGO』バージョン0.53.2配信開始、韓国でもプレイ可能に

  4. 『オルタンシア・サーガ』第三部主要キャラの新ビジュアル公開

  5. 『ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート』に日野聡がボイス担当のカレが登場

  6. e-Sportsを子供も大人も楽しんだ『ベイングローリー』セミナーレポ

  7. 【レポート】クールな疾走感が気持ちいい!『ぷよぷよ!!クエスト』×「ソニック」コラボイベントを細山田Pと先行体験

  8. 『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』がTVアニメ「このすば2」とコラボ実施!前回開催時のイベントキャラも再登場が決定

  9. 『ゴッドイーターオンライン』事前登録スタート! 登録数でアイテムがもらえるキャンペーンも

  10. 『ポケモンGO』アップデート実施―GPSの計測精度が向上!

アクセスランキングをもっと見る