人生にゲームをプラスするメディア

【刻のイシュタリア攻略】ミッションやイベントを効率良く進めるための豆知識(第7回)

モバイル・スマートフォン iPhone

右からターゲット指定をしても、攻撃は左からスタート
  • 右からターゲット指定をしても、攻撃は左からスタート
  • Over Load発動時は8回攻撃可能
  • ゲージの消費は、攻撃回数分だけ!
  • 支援攻撃ユニット
  • ランキング上位者のリーダーは、PASSIVEスキル持ちのユニットがオススメ
  • メダル交換所
  • 忠誠度を最大にしてから売却
  • 忠誠度が最大のレアリティ4ユニットなら、通常2枚のところが4枚に
コンボで敵を打ち上げて戦うコマンドアクションバトルRPG『刻のイシュタリア』は、派手なスキルや爽快なバトルが魅力です。連載最終回となる今回は、ミッションやイベントを効率良く進めるための豆知識を紹介します。

誰でも、ストーリーを進めるためのミッションや、強いユニットを手に入れることができるイベントをサクサクこなしたいハズ。そこで、敵との戦い方やさらに効率的なレベル上げなど、これまで紹介できなかったちょっと得をする情報をお届けしますよっ。

◆戦闘のポイント


■攻撃順
戦闘中に気をつけたいのは、攻撃順です。『刻のイシュタリア』では、攻撃する敵をタップで選ぶことができます。攻撃方法を一体一体指定していくこともできますが、実際の攻撃順はターゲットを指定した順番とは異なり、左の敵から攻撃していきます。

右からターゲット指定をしても、攻撃は左からスタート

右側の敵から順番にターゲット指定しても、実際の攻撃は左からとなるので、コンボを狙う際には注意すべし! たとえば、左端の敵を最後にターゲット指定して「叩き付け」を選択しても、実際は叩き付けから攻撃が始まってしまいます。

■Over Load

上手く使いたいのは、Over Load発動時の攻撃回数。Over Loadは発動することで、通常5回しかできない攻撃を8回することができるようになります。しかし、攻撃を8回する必要はありません。6回や7回で止めるのもアリ。攻撃回数を残した状態で「攻撃」ボタンをタップすれば、ゲージを残しておくことができます。


ゲージの消費は、攻撃回数分だけ! 攻撃回数を減らすことで、Over Loadゲージを温存することができますよっ。

■支援

ミッションでのバトルには、所属している騎士団のメンバーを攻撃に参加させることができます。騎士団から攻撃に参加するメンバーは、最大3名。「支援攻撃」から、攻撃に参加させるユニットを選びます。ポイントは、支援攻撃ユニットのPASSIVEスキルもバトル中に発動すること。

ランキング上位者のリーダーは、PASSIVEスキル持ちのユニットがオススメ

支援攻撃で呼び出すことができるユニットは、騎士団内のランキングが高いメンバーのリーダーユニットです。ランキング上位者は、支援ユニットに選ばれる可能性が高いので、PASSIVEスキルを持っているユニットをリーダーにしておくと騎士団メンバーの役に立ちます。

◆効率的なレベル上げのポイント


■メダルの集め方
レアリティ3以上のユニットを売却すると、レアリティに応じた数のメダルを入手することができます。手に入れたメダルは、「メダル交換所」で「継承の魔導書」と交換可能!

メダル交換所

「継承の魔導書」で獲得できる経験値は、通常のユニットを使用した際よりも多いため、「メダル交換所」で「継承の魔導書」を入手すると、サクサクとレベルを上げることができます。

忠誠度を最大にしてから売却

メダル交換所で使用するメダルを効率良く集めるポイントは、ユニットの「忠誠度」です。忠誠度を最大にしてからユニットを売却すると、獲得できるメダルの数がなんと2倍に!

忠誠度が最大のレアリティ4ユニットなら、通常2枚のところが4枚に

レアリティ3のユニットなら通常1枚のところが2枚に、レアリティ4のユニットなら通常2枚のところが4枚になっちゃうんです。だから、メダルを集めるなら、忠誠度を最大にしてからの売却がオススメですよっ。

■忠誠度上げ
メダルのために忠誠度を上げるなら、ミッションだけでなく、バトルやレイドにも忠誠度を上げたいユニットを編成しましょう。ユニットをミッション、バトル、レイドすべてで使用すれば、あっという間に忠誠度が最大になります。忠誠度は最大にすると、スキルを閃きやすくなる効果もあります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『刻のイシュタリア』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。



(C)Silicon Studio Corp., all rights reserved.

■筆者 さかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。現在はAndroidとアニメにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。アニメを追いかけつつ、ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ベジマギッ!』害虫「スパくん」の怪電波を受けた「インサイドちゃん」がやさいを襲う!コラボイベント開催

    『ベジマギッ!』害虫「スパくん」の怪電波を受けた「インサイドちゃん」がやさいを襲う!コラボイベント開催

  2. 「ボーイフレンドプロジェクト」で気になるカレにチョコを贈ろう!バレンタイン&ホワイトデー企画開催

    「ボーイフレンドプロジェクト」で気になるカレにチョコを贈ろう!バレンタイン&ホワイトデー企画開催

  3. 本格サスペンスRPG『ブラックローズサスペクツ』配信時期変更、2017年3月へ

    本格サスペンスRPG『ブラックローズサスペクツ』配信時期変更、2017年3月へ

  4. 『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』がTVアニメ「このすば2」とコラボ実施!前回開催時のイベントキャラも再登場が決定

  5. 『カクテル王子』イケメンたちとBARを経営するゲームシステム情報が公開、事前登録は2月14日より開始

  6. 中国の人気アプリ『陰陽師』が凄い ― 平安時代の日本が舞台、有名声優多数起用でセリフは全て日本語

  7. 『ゴッドイーターオンライン』事前登録スタート! 登録数でアイテムがもらえるキャンペーンも

  8. 【千メモ攻略連載】閃きと運で乗り切れ!『サウザンドメモリーズ』の特殊能力と運の効果を徹底解剖(第4回)

  9. 『ぷよぷよ!!クエスト』と『ソニック』シリーズがコラボ! 限定キャラが手に入る“リング収集祭り”を開催

  10. 歴代力士が登場する力士育成アプリ『大相撲ごっつぁんバトル』年内配信、日本相撲協会からも公認

アクセスランキングをもっと見る