人生にゲームをプラスするメディア

商標「プロゲーマー」登録申請は“誰もが自由に活用できるようにするため”…「独占の意向はない」と滋慶学園がコメント

その他 全般

東京アニメ・声優専門学校 特設サイトより
  • 東京アニメ・声優専門学校 特設サイトより
日本でも浸透しつつある「プロゲーマー」という言葉が、東京アニメ・声優専門学校を運営する学校法人滋慶学園によって商標登録申請されていたことが特許庁のデータベースから明らかになりました。

海外では、日本よりも先んじてゲームをスポーツ競技として捉える「eスポーツ」という言葉とともに、職業としての周知されている「プロゲーマー」。日本でも、先駆者的な存在となった梅原大吾氏をはじめと、周辺機器メーカーなどと契約をして世界のゲーム大会に参加する「プロゲーマー」が増えつつあります。

そんな中、先日プロゲーマーを育成する日本初の専門学校として話題となった東京アニメ・声優専門学校を運営する学校法人滋慶学園が、「プロゲーマー」という言葉を以下の通り、特許庁に登録申請していたことが明らかになりました。

【発行国】日本国特許庁
【公開日】
2015年6月30日
【出願日】
2015年6月15日
【商標】
プロゲーマー
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第41類 技芸・スポーツ又は知識の教授
【氏名又は名称】
学校法人滋慶学園

この件について、学校法人滋慶学園に問い合わせたところ、以下のコメントを頂きましたのでご紹介します。

(東京アニメ・声優専門学校において、4月よりe-sportsやプロゲーマーの人材を育成するワールドを開設するにあたって)この度、「プロゲーマー」という言葉の商標登録の申請をさせていただいたのも、e-sports・プロゲーマー業界が広く一般に発展するための取り組みでございます。

本学園としては、過去に、本学園が使用していた言葉(名称)を後から商標登録された別法人様から、使用している言葉(名称)の取り下げを求められ、在校生・高校生が慣れ親しんでくれた略称が、突然法的処置によって使用できなくなった事例がございました。当然、印刷物などの取り下げ・破棄・関係各所への修正依頼などを強いられました。突然の被害を受け、また関係各社様に多大なご迷惑をお掛けする事態となってしまいました。

このような過去の経験に基づいて、誰もが自由にこの「プロゲーマー」という言葉を活用できるように、あえて申請させていただいた次第でございます。

しかしながら、今回の申請は、恐らく却下される予定でございまして、この経緯が、本来私たちが求める結果であって、却下されることで前例ができ、今後新規参入者による妨害、不本意な結果を招くことなく、公用語として「プロゲーマー」という言葉が、使用されていくことを願っております。

万が一、申請が通ったとしても、本学園及び学園グループとしても独占の意向はありません。当然、e-sports もすでに、商標登録されていることは、ご存知かと思いますが、「e-sports」・「プロゲーマー」という言葉は、これからもっと広く活用されていくべきかと考えている所存でございます。

つまり「プロゲーマー」という言葉が公用語として広まり、世間一般で使用されていくことを目的としており、商標は独占しない・されないように申請したとのこと。また、「eスポーツ」「プロゲーマー」という言葉が今後もっと活用されていってほしいともコメントしています。

世界のビデオゲームの先駆け的な存在であるにも関わらず、「eスポーツ」や「プロゲーマー」の存在や言葉の周知が海外よりも遅れている日本。今回の商標登録申請が、後々、日本におけるプロゲーマーの活動にとって有意義なものになることを切に願います。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  2. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

    『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  3. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

    シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  4. 【週刊インサイド】ニンテンドースイッチのソフトはリージョンフリーに…任天堂新ハードの情報や『スプラトゥーン2』発表などに注目集まる

  5. 劇場版 「チェンクロ」 第2章初日舞台挨拶、石田彰「盛り上がりどころしかない」

  6. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチのプレゼン振り返り、『スーパーマリオ オデッセイ』は『64』『サンシャイン』の正統進化、アークシステムワークスがニンテンドースイッチタイトルを続々発表…など(1/14)

  10. 【インタビュー】『人喰いの大鷲トリコ』上田文人氏に訊く―世界観は最後に作る

アクセスランキングをもっと見る