人生にゲームをプラスするメディア

「ゼロの使い魔」続巻刊行が決定、ヤマグチノボルが残したプロットから制作

その他 アニメ

 
  •  
  •  
2004年よりスタートし、これまでに20巻、外伝3巻が刊行された人気ライトノベルシリーズ「ゼロの使い魔」。コミカライズやアニメ化も行われるなど、多くの人に愛され続けた作品だ。
しかし、著者であるヤマグチノボルが癌に冒されると、闘病の末2013年に他界。同シリーズも絶筆となってしまった。

それから2年が経った今、再び「ゼロの使い魔」が動き出す。ヤマグチノボルが闘病の中で作成していたプロットを元に、続刊2冊の刊行が決定したのだ。
制作を行うMF文庫J編集部によると、入院当初はヤマグチノボル自ら、最終巻まで執筆を行うと話していたという。
しかし、とあるタイミングで同氏が作成されたプロットを元に、「ゼロの使い魔」の続刊の制作を託したいと、編集部へ依頼あったとのこと。また、カスタマーサポートセンターに日本内外を問わず、たくさんの読者からも続刊希望の要望があった。
今回の続刊発表は、ヤマグチノボル本人、そして世界中のファンが待ち望んだ結果といえるだろう。

「ゼロの使い魔」公式サイトでは、続巻刊行の経緯の説明の他に、ヤマグチと親交の深かったの人物からのコメントや、「ゼロの使い魔」を巡る年表、そして、2012年に開催された「MF文庫J10周年記念 夏の学園祭」にて公開された展示パネル「ゼロから見てみるゼロの使い魔」のデータを随時公開されていくとのこと。今後も『ゼロの使い魔』に関する新しい情報を随時公開するそうだ。
正式な発売日は明かされていないが、その日までは公式サイトを見て、これまでの歴史を振り返ってみるといいだろう。
なお、この公式サイトにはイラストレーター・兎塚エイジによる、続巻刊行記念イラストも掲載されている。兎塚エイジが描くルイズを再び見られたことを、嬉しく思っているファンも多いと思う。

なお、今回の続刊制作の発表が行われたのは、2015年6月25日のこと。6月25日は、「ゼロの使い魔」第1巻が発売された、記念すべき日だ。
このタイミングで発表するところからも、編集部がいかに「ゼロの使い魔」をどれだけ愛しているかが見て取れる。

「ゼロの使い魔」公式サイト
http://www.zero-tsukaima.com/

「ゼロの使い魔」続巻刊行が決定 ヤマグチノボルが残したプロットから制作

《ユマ》

その他 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

    マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  2. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

    【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

  3. TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

    TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

  4. 【レポート】『大逆転裁判2』の最新情報も!ファンが大いに沸いた「逆転裁判 15周年 特別法廷」

  5. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  6. 『逆転裁判』15周年を記念するイベント&展開が続々と! コンサート開催に、『モンハン エクスプロア』や『NAVITIME』とのコラボも

  7. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  8. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  9. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

  10. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

アクセスランキングをもっと見る