人生にゲームをプラスするメディア

「SHOW BY ROCK!!」シンガンクリムゾンズがハッピーセット化決定…「サンリオキャラ大賞」で2位

その他 アニメ

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ハローキティやマイメロディなど、人気キャラクターを次々に世に送り出すサンリオの人気投票企画「サンリオキャラクター大賞」の結果が発表された。ポムポムプリンが、27万837票で1位となり、見事大賞に輝いた。
ポムポムプリンは、ゴールデンレトリバーがモデルになったこげ茶色のベレー帽がトレードマークの男の子だ。のんびり屋で、ママが作ったプリンが好きである。デビューは1996年で、1997年にも大賞と新人賞を受賞している。ロングランの人気を獲得している。

そして2位は、1位からわずか35票差の27万802票でシンガンクリムゾンズがつけた。シンガンクリムゾンズは、音楽とバンドがテーマのプロジェクト「SHOW BY ROCK!!」に登場する人気のロックバンドだ。“中二病全開のヴィジュアル系ロックバンド”がコンセプトとユニークな設定だ。クロウ、アイオーン、ヤイバ、ロムの4人から構成され、女性に人気が高い。
「SHOW BY ROCK!!」はアニメ化もされ4月からテレビ放送された。「SHOW BY ROCK!!」からは今回5つのバンドがサンリオキャラクター大賞にノミネートされたが、シンガンクリムゾンズは主人公バンドのプラズマジカを上回った。
そのプラズマジカ6位、さらにトライクロニカ8位、徒然なる操り霧幻庵10位と、ベスト10に「SHOW BY ROCK!!」に4つキャラクターがランキングされた。アニメ化効果も大きかったようだ。

このほか定番キャラクターでは、3位にシナモロール、5位にマイメロディ、7位にハローキティ、9位にリトルツインスターズがランキングしている。詳しいランキングは、2015年サンリオキャラクター大賞の公式サイトで確認出来る。投票総数は過去最高の376万5000票を超えている。
また今回は30周年を記念して、日本マクドナルドと連動企画が実施される。上位8種類のキャラクターをハッピーセット「サンリオキャラクターズ」(仮)として展開する。販売時期は2016年春と少し先になりそうだが、人気キャラクター勢揃いが話題を呼びそうだ。

2015 年サンリオキャラクター大賞
http://sanriocharacterranking.com/

1位 ポムポムプリン
2位 シンガンクリムゾンズ
3位 シナモロール
4位 ぐでたま
5位 マイメロディ
6位 プラズマジカ
7位 ハローキティ
8位 トライクロニカ
9位 リトルツインスターズ
10位 徒然なる操り霧幻庵

(C)'73,'74,'75,'76,'77,'78,'79,'82,'83,'84,'85,'86,'87,'88,'89,'90,'91,'92,'93,'94,'95,'96,'98,'99,'00,'01,'02,'03,'04,'05,'06,'07,'08,
'09,'10,'11,'12,'13,'14,'15 SANRIO (C) '08,'15 SANRIO/SEGA TOYS S・S/W・TX・JLPC (C) '12,'15 SANRIO SP (C) 2015 THOIP
(C) NHK・SANRIO 2014,2015 Designed by SANRIO (C) 2004,2015 SANRIO CO., LTD./Yahoo Japan Corporation.

ポムポムプリン、シンガンクリムゾンズを破りサンリオキャラクター大賞獲得 「SHOW BY ROCK!!」も大躍進

《animeanime》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

その他 アクセスランキング

  1. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

    SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  2. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  3. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  4. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  5. 『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  8. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 【週刊インサイド】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラーに興味津々…手のひらサイズの「ファミコン」やD3P新作に迫るインタビューも話題に

アクセスランキングをもっと見る