人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】劇場版「進撃の巨人 後編」初日舞台挨拶…荒木哲郎監督、キャスト陣らが登場

その他 アニメ

 
  •  
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
6月27日、『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』が公開初日を迎えた。諫山創の大ヒットマンガを原作に、2013年にスタートしたアニメシリーズの劇場版第2弾である。2015年6月に公開されこちらも好評を博した『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』に続くものだ。
映画はテレビシリーズの第14話から第25話をまとめたものであるが、新作カットを追加、さらにアフレコも新しくした。また新たな視点からアニメ『進撃の巨人』を楽しめる。すでに2016年のテレビシリーズ第2期製作も決定している。その前哨戦としても、たっぷり楽しめる。

公開初日となった27日は、全国各地の劇場は数多くの進撃ファンで賑わった。なかでも熱かったのは、東京・新宿バルト9である。舞台挨拶には荒木哲郎監督や主人公・エレン・イェーガー役の梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈が登壇した。作中でお馴染みのチームが、舞台でも並んだ。
そして会場は満員の420名、しかもこの来場者は全国4万人以上の応募があった中から当選したファンである。それだけに会場のテンションがあがるのも納得だ。これに応えて梶裕貴がエレンさながらにマントを放り投げるパフォーマンスをする場面もあり、場内を沸かせた。

荒木哲郎監督は「キャストの皆さんがそれぞれのキャラクターに似てきたと言うより、 それぞれのキャラクターがキャストの皆さんのキャラに似てきましたね。」と話すと、また会場が湧いた。
また梶裕貴は初日を迎えての感想を「テレビ放送開始から3年経って、やっと作品を客観的に見れるようになりました。特にこの主役の声をやっている人、叫びまくっているけ ど、声大丈夫かなって(笑)」と話した。

そして舞台には巨人の顔のかたちをした約1メートルものくす玉が登場。会場全員でのカウントダウンでそれを割るパフォーマンスを披露し、公開スタートを盛りあげた。舞台挨拶は今後、関東圏、大阪、名古屋な17の劇場でも実施する。関係者自らが応援を呼びかける。
さらに8月1日には『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、9月19日に『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が全国公開、実写ドラマも配信開始と、『進撃の巨人』の映像作品が次々に登場する。

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~
配給: ポニーキャニオン
http://www.shingeki.tv/movie/

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~公開スタート 荒木哲郎監督、キャスト陣ら初日舞台挨拶

《animeanime》

特集

その他 アクセスランキング

  1. Twitter、画像加工&検索の新機能「ステッカー」を解禁

    Twitter、画像加工&検索の新機能「ステッカー」を解禁

  2. 【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

    【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

  3. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

    【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  4. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  5. 「風の谷のナウシカ」蛇螻蛄が可動フィギュアに

  6. 『餓狼MOW2』の話題も飛び出した『KOF XIV』開発陣インタビュー、YouTubeがYouTuber向けサポート拡大を発表、EU離脱で著名人らも動揺「ハリポタ作者:今日ほど魔法が使いたかったことはない」・・・編集部員も見るべきまとめ(6/27)

  7. 秋アニメ「ろんぐらいだぁす!」自転車チーム・フォルトゥーナのキャラビジュアル公開

  8. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定

  9. 『デレマス』のシングルCD「ハイファイ☆デイズ」、オリコンで初登場1位を獲得! 関連シングルでは初の快挙

  10. 劇場アニメ「聲の形」字幕付上映が決定…全劇場が対象、“こえ”を文字でも届ける

アクセスランキングをもっと見る

page top