人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology

ゲームビジネス 市場

ゲーム、映画、音楽産業の2008年からの伸び
  • ゲーム、映画、音楽産業の2008年からの伸び
  • デジタルシフトではゲームが圧倒的
  • 地域別にもゲームは世界に広がる
  • 様々なデバイスでゲームを遊ぶ環境がある
調査会社のIHS Technologyはインフォグラフィックを公開し、世界のゲーム産業が2015年には920億ドルに到達し、映画産業(620億ドル)と音楽産業(180億ドル、ただし録音された音楽に限る)を合算よりも大きい最大のエンターテイメント市場となると明らかにしました。

ゲーム産業の市場規模は2008年から比較して実に440億ドルもの成長を遂げ、映画を逆転しました。IHSでは2017年には1000億ドルを突破すると予測しています。ちなみに2015年には全エンターテイメントに占める割合は21%だとのこと。

特にデジタル分野での収益は映画や音楽を圧倒していて、同社のPiers Harding-Rolls氏は「パッケージメディアはゲーム、映画、音楽を問わず縮小している一方、ゲームだけは2008年から急速なデジタルシフトに成功している」とコメントしています。

さらに同社ではゲーム産業が真に世界規模の産業であると強調。地域別ではアジア太平洋地域(46%)、北米(24%)、欧州(24%)、中央・南アメリカ(4%)、中東・アフリカ(3%)という分散が見られます。「中国、韓国、東南アジアなどデジタルファーストな市場が急速な成長を遂げています。またアプリ市場が伸び、伝統的なPCオンラインメーカーが一斉に押し寄せることで市場の様相が変わってきました。」

いよいよ開幕するE3もゲーム産業の強さを示すものになるでしょうか?

※いずれの数字も直接消費者が支払った金額ベースの市場規模
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  4. 【DIEC2005】 上村雅之氏が任天堂の源流を語った[6]

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  9. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  10. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

アクセスランキングをもっと見る

page top