人生にゲームをプラスするメディア

「3DCGホログラフィック専用劇場」横浜に今春オープン…初音ミクのライブを手かげる会社などが開発

その他 全般

外観イメージ(確定したものではありません)
  • 外観イメージ(確定したものではありません)
相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツは、Zeppホールネットワーク、ローソンHMVエンタテイメント、ワイドワイヤワークスと共同で、世界初となる3DCGホログラフィック専用エンターテインメント劇場を横浜に展開します。

この施設は最新のサイネージ技術により、世界最高(2015年時点)のホログラフィック演出を可能とする、最新鋭のエンターテインメントステージシステムを常設する劇場施設となります。

舞台上に生身の人間が登場しない「CG映像のみ」の中長期公演を予定。舞台演劇や音楽コンサート、ゲームに伝統芸能など、方向性を限定しないエンターテイメント活動を目指しており、企業イベントも含めたさまざまなコンテンツ興行が実施されます。また国内のみならず、日本のハイエンドな技術と作品文化の発信・拡散、そしてアジアや欧米を含めた世界からのインバウンド促進に寄与する観光施設としての展開も視野に入れているとのこと。

ステージ企画は、初音ミクのライブコンサート方式を考案・プロデュースし世界的に注目を集めているワイドワイヤワークスと、世界唯一の大型ホログラフィック・ステージ・システム「eyeliner」(アイライナー)を用いて、アニメ「ワンピース」をはじめとしたさまざまなホログラフィック公演を手掛けているstudioTEDが共同で開発を進めており、どのような刺激溢れるステージを提供してくれるのか期待が高まります。

本施設の建設が発表されたのは今年の1月ですが、熱意溢れるゲーム制作で知られているサイバーコネクトツーの代表取締役社長・松山洋氏が、自身のTwitterにて内覧会に参加したとの報告を寄せました。



詳細は明かされていませんが、内覧会が実施された状況を鑑みると、正式オープンに向けた動きが活性化しているように思われます。計画そのものも、2015年春のオープンを予定していたので、時期的に考えても合致します。エンターテインメントの新たな扉を提供してくれる施設の完成を、心待ちにするばかりです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

    【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  2. 【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

    【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

  3. 「甘々と稲妻」農林水産省とタイアップ!共食を応援するコラボポスター公開

    「甘々と稲妻」農林水産省とタイアップ!共食を応援するコラボポスター公開

  4. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  5. 劇場アニメ「聲の形」字幕付上映が決定…全劇場が対象、“こえ”を文字でも届ける

  6. 『艦これアーケード』6月30日より「敷浪」「足柄」などの艦娘が登場、戦いの様子を動画でチェック

  7. 【週刊インサイド】『イナズマイレブン』最新情報に話題集中…羊を増やすカードゲームや『スパロボV』などの注目作にも注視

  8. スマホで操作できる電動スケボー登場!最高時速は約20km

  9. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  10. ゲーム業界アニメ「NEW GAME!」2分近い最新PVで魅力を先取り! 第1話のあらすじも到着

アクセスランキングをもっと見る

page top