人生にゲームをプラスするメディア

『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とは

任天堂 3DS

『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とは
  • 『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とは
前作ではWii U版も発売された『Sonic Boom』シリーズですが、先日海外で発表された新作『Sonic Boom: Fire & Ice』では、3DS向けのみの発売。 Wii U版が外された理由について、関係者が語っています。

『Sonic Boom』の国内向けタイトルは『ソニックトゥーン』で、Wii Uソフト『ソニックトゥーン 太古の秘宝』と3DSソフト『ソニックトゥーン アイランドアドベンチャー』としてそれぞれ発売されました。セガのプロデューサーAaron Weber氏と広報担当のOmar Woodley氏は、海外サイトGameSpotとのインタビューの中で、前作2タイトルのうち3DS版の売り上げはかなり良かったものの、対するWii U版はあまりいい結果にならなかったことを明かしています。

そして、両タイトルのユーザーの意見やレビューの内容などを参考に、最終的に新作では3DS版のみを発売すると決定したようです。

Woodley氏は、「われわれが何かに注力するときは、今よりステップアップすることを心掛けて必要なことがあればすべて改善し、素晴らしいゲームになるよう努力します。ニンテンドー3DSを選んだのは自然な選択です」と語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

    『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  2. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

    『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

  7. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  8. 『ポケモン サン・ムーン』のオーキドは「オーキド博士」の“いとこ”だった!フルネームはナリヤ・オーキド

  9. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  10. トワプリ版ゼルダ&リンクのfigma予約開始―5種類の装備が付属したDXリンクも

アクセスランキングをもっと見る

page top