最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とは

『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とは

2015年6月12日(金) 16時21分
  • 『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とはの画像
    『ソニック』最新作が3DS向けになった理由とは

前作ではWii U版も発売された『Sonic Boom』シリーズですが、先日海外で発表された新作『Sonic Boom: Fire & Ice』では、3DS向けのみの発売。 Wii U版が外された理由について、関係者が語っています。

『Sonic Boom』の国内向けタイトルは『ソニックトゥーン』で、Wii Uソフト『ソニックトゥーン 太古の秘宝』と3DSソフト『ソニックトゥーン アイランドアドベンチャー』としてそれぞれ発売されました。セガのプロデューサーAaron Weber氏と広報担当のOmar Woodley氏は、海外サイトGameSpotとのインタビューの中で、前作2タイトルのうち3DS版の売り上げはかなり良かったものの、対するWii U版はあまりいい結果にならなかったことを明かしています。

そして、両タイトルのユーザーの意見やレビューの内容などを参考に、最終的に新作では3DS版のみを発売すると決定したようです。

Woodley氏は、「われわれが何かに注力するときは、今よりステップアップすることを心掛けて必要なことがあればすべて改善し、素晴らしいゲームになるよう努力します。ニンテンドー3DSを選んだのは自然な選択です」と語っています。

(Article written by 菜種)

任天堂アクセスランキング