人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介

任天堂 Wii U

【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
  • 【特集】『スプラトゥーン』には「ゲッソー」もゲスト出演!散りばめられた小ネタを紹介
2015年5月28日に発売されたWii U『スプラトゥーン』、みなさんも楽しんでいるでしょうか? ヒトにもなれるイカたちのインクの塗りあいが楽しい対戦アクションゲームである本作ですが、実は対戦以外の細かい要素も見所になっています。

ともあれ、さっそく具体例を見て行きましょう。はたしてあなたはいくつの小ネタを知っていますか?

※ネタバレ注意!

本記事で紹介しているものはゲームの本編にはあまり関係ないものですが、自分で小ネタを探したいという方にはネタバレになる情報です。念のため、その点を留意したうえでご覧ください。


◆広場編


■イカの世界ではたこ焼きドリンク(?)がブーム!?

ハイカラシティの広場などにある自動販売機には、何やらたこ焼きドリンクのようなものが販売されています。確かにイカはタコと戦うこともあるのですが、まさか食べるどころかドリンクとして愛用しているとは……。われわれ人類からするとイカがなものかと思いますが、いったいどんな味なのでしょう。

■シオカラーズ、こっち向いて!

また、広場のスタート地点から右手にある階段を登ると、奥のほうにアイドルユニット「シオカラーズ」のスタジオがあります。彼女たちは休憩中なのかおしゃべりしているのですが、ZRボタンで注視し続けるとこちらに手を振ってくれます。

■ボムをゴールにシューッ!

そして、カスタマイズ画面やブキ屋からは、ブキの試し撃ちをすることができます。この試し撃ちゾーンにはバスケットボールで使うゴールがあるのですが、ここにボムを投げ込むと、実はイカが喜びます。

なお、投げ込む際には「スプラッシュボム」のような、接触して破裂・吸着しないものがおすすめです。意外とボムを投げる練習になるかもしれません。

◆バトルマップ編


■8bitなゲッソー&オクタロック

対戦マップである「デカライン高架下」には、なんと『スーパーマリオブラザーズ』シリーズの敵キャラクターである「ゲッソー」のイラストが! やはりイカの世界だけあって、ゲッソーも尊敬(?)されているのですね。

設置されている位置は、スタート地点を左に曲がった奥のほうにある金網の近くになります。自動販売機のほうと覚えると見つけやすいでしょう。


そして、反対側には『ゼルダの伝説』でおなじみの敵キャラクター「オクタロック」が描かれています。イカ対タコの争いはこんなところにも存在しているのですね。

なお、対戦中に見つけるのが難しいという場合は、ロビーから「さんぽ」を選んでひとりでじっくり見に行きましょう。

◆ヒーローモード編


■別Ver.のオクタロック

さらに、ひとりプレイ用モード「ヒーローモード」にも小ネタが存在します。エリア4ステージ16「プロペラリフトのようさい ~回し回さん 無我夢中~」には、またもやオクタロックが登場。こちらはディスクシステム『リンクの冒険』バージョンとなっており、もしかしたらゲッソーより優遇されているのかも。

■“イ”&“カ”

そして、エリア2ステージ6「プロペラリフトの波止場 ~風がオレを呼びさます~」の後半にあるプロペラリフトには、イクラで“イ”の文字が表現されています。……ということは?


そう、そのあとのプロペラリフトの裏側には“カ”の字が存在しており、まさしくイカ。小ネタでもイカのタコの壮絶なナワバリ争いが繰り広げられています。

■再プレイにも小ネタあり

また、ヒーローモードで同じステージを再クリアすると「デンチナマズ」がぬいぐるみになっているといった小ネタも。さらに、最終ステージは再プレイで登場キャラクターの会話も変わるため、二度は遊んでおくとよいでしょう(ヒーローモードをクリアすれば、amiiboチャレンジでも二回目の内容が見られます)。

さて、これで今回紹介する小ネタはすべてになりますが、まだまだハイカラシティにはいろいろなものが存在するかもしれません。皆さんも隠されたイカやタコを探してみてはいかがでしょうか。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『スプラトゥーン』は発売中で、価格はパッケージ版・DL版ともに5,700円(税別)です。

(C)2015 Nintendo
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  6. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  7. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  8. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top