人生にゲームをプラスするメディア

『Bloodstained』にWii U版追加ゴール登場 ― 移植は『メトロイドプライム』を手がけたベテランが担当

任天堂 Wii U

『Bloodstained』にWii U版追加ゴール登場 ― 移植は『メトロイドプライム』を手がけたベテランが担当
  • 『Bloodstained』にWii U版追加ゴール登場 ― 移植は『メトロイドプライム』を手がけたベテランが担当
  • 『Bloodstained』にWii U版追加ゴール登場 ― 移植は『メトロイドプライム』を手がけたベテランが担当
非常に多くのファンから注目を集めている五十嵐孝司氏の新作アクション『Bloodstained: Ritual of the Night』。5月中旬にスタートしたKickstarterキャンペーンは僅か半日で目標を達成し、その後もプレッジは増え続けています。拡張ゴールも突破と追加が繰り返されていますが、新たに3,000,000ドル達成の拡張ゴールとして「Wii Uへの移植」が追加されました。

【関連記事】
・【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も
・【インタビュー】 『Bloodstained』1日でKickstarterを達成させた怪物タイトルに迫る

Wii Uへの移植はテキサス州オースティンに拠点を置くArmature Studioが行います。同スタジオには『メトロイドプライム』シリーズの開発や、EA、コナミ、WB Games、Gearbox、ソニーなどでオリジナルゲームあるいはHDリマスターの制作に携わったベテランスタッフが在籍しているそうです。

Jack Mathews(テクニカルディレクター)
QuakeSpy(後のGameSpy 3D)でキャリアをスタートしたJack氏は、idの『QuakeWorld』の維持に貢献。Armatureを立ち上げる以前は、3Dグラフィックスのパイオニアである3dfxや『メトロイドプライム』シリーズのRetro Studiosに在籍していた。

Mark Pacini(ゲームディレクター)
当初工業デザインを行っていたMark氏は、アーティストとしてゲーム業界に参入。Armatureを立ち上げる以前は、Retro Studiosで8年間リードデザイナーとゲームディレクターを務めていた。

Todd Keller(アートディレクター)
Todd氏は20年近くゲーム業界に身を置いており、Armatureを立ち上げる以前はAtari、Boss Games、Retro Studiosに在籍していた。

『Bloodstained: Ritual of the Night』はPC/Mac/Linux/PS4/Xbox Oneを対象に2017年3月リリース予定。Kickstarterでは2,700,000ドル以上のプレッジが集まっており(記事執筆時点)、Wii U移植が実現する3,000,000ドル到達もそう遠くはないかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  5. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る