人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra

その他 音楽

【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
  • 【レポート】奏者全員で“異議あり!”『逆転検事2』メドレーなどが演奏された「4star2015」4star ensuite Orchestra
2015年5月3~5日の3日間、4年に1度のゲーム音楽フェス『4starオーケストラ2015』が東京都八王子市で開催されました。本稿では、5月4日にオリンパスホール八王子で行われた、「4star ensuite Orchestra」公演の模様をお届けします。

「4star ensuite Orchestra」とは、『4starオーケストラ2015』のために集まった有志奏者によるフルオーケストラ編成による公演です。作曲者岩垂徳行氏本人の編曲・指揮による『逆転検事2』メドレーや、ゲーム中のオリジナルヴォーカリストであるエミ・エヴァンス氏を迎えた『ニーア ゲシュタルト | ニーア レプリカント』など、様々なゲーム音楽が披露されました。

■出演者(敬称略)
岩垂徳行(『逆転検事2』指揮・編曲)、坂本英城(ゲストMC)、谷岡久美(ピアノ)、エミ・エヴァンス(ボーカル)、なるけみちこ、川越康弘(パーカッション)、後藤正樹(指揮)、川崎優季(MC)、4star ensuite Orchestra(オーケストラ演奏)


公演の幕開けに披露されたのは、『STEINS;GATE』のオーケストラアレンジ版である「STEINS;GATE SYMPHONIC REUNION」の楽曲です。メインテーマの「GATE OF STEINER」は、木管と弦をメインに壮大なオーケストラが響きます。途中に入るピアノソロと、ピアノと弦による切ないハーモニーが絶品の美しさでした。続いて「Noisy times」が明るく朗らかに響いた後、「Assailant」では、事件の発生を感じさせる、緊張感のある重々しい演奏に。最後の「OPERATION SKULD」では、木管メインの落ちついた演奏から徐々に弦と金管が入って盛り上がりを見せ、勇壮な演奏が繰り広げられました。

ここで、ゲストの坂本英城氏が「こんにちは、なるけみちこです!」とお茶目な挨拶で登場。坂本氏からは、本日ピアノ奏者として参加している谷岡久美氏と、指揮者の後藤正樹氏が紹介されます。坂本氏によると、後藤氏は最近ご結婚されたとのことで、観客からは拍手が贈られます。

坂本氏は「普通に楽曲の紹介をしようかとも思ったんですが、いろんなところで言っていますし、今日は僕しか知らないゲーム音楽作曲家の裏側をお話しましょう」ということで、「谷岡久美さんは、お料理が上手です!」「岩垂徳行さんはとてもいい人なんですよ。飲み会で初めてお会いした時に名刺をお渡ししたら、岩垂さんが名刺を切らしてしまっていたんですよ。僕は今度お会いした時でいいですよ!って言ったんですけど、岩垂さんは、居酒屋の割りばしが入っていた袋に、住所や電話番号などをビッシリ書いて渡してくれたんです」と、なかなか聞けない、心あたたまる裏話を語ります。

後藤氏からは、今回演奏される『勇者のくせになまいきだ:3D』(以下『勇なま3D』)について、「『勇なま3D』は前回の4starでも演奏されたんですけど、奏者からの人気がすごく高くて。『勇なま3D』を演奏したい!という人が多くて、今回もまた選ばれたんですよ」と明かします。坂本氏は「演奏していただいて、本当にうれしいです」と喜びを語りました。


坂本氏の楽曲から演奏されたのは、『坂本英城オーケストラ作品集』収録の『無限回廊』より「prime #919」です。金管と弦の織りなす美しい旋律がリズミカルに響きます。続いては同アルバム収録の『勇なま3D』 の「来たるべきセカイ」。かわいらしいイントロが木管で奏でられた後、流れるように曲調が変わり、壮大なオーケストラ演奏になって盛り上がっていきます。続いて同作の「ファイナル・ギャザリング!」は、木琴のリズミカルな演奏と、アップテンポで鳴り響く力強い金管のハーモニーが非常に格好いい1曲でした。

続いては、次に演奏される『逆転検事2』メドレーの作曲者であり、編曲・指揮も担当する岩垂徳行氏が登場します。司会の川崎優季氏から、岩垂氏が公演の6日前(4月28日)に誕生日を迎えたことが紹介されると、観客からは拍手が贈られます。川崎氏の「お誕生日はいかがお過ごしでしたか?」という質問に、岩垂氏は「明日開催されるFINAL公演のリハーサルをやっていたのですが、終わったあとに皆がケーキを用意してくださいました」と笑顔で話します。

また、今回演奏される『逆転検事2』メドレーについて尋ねられた岩垂氏は、「このオーケストラのために書き下ろしたもので、今日が世界初演となります。練習しながら、メンバーの皆さんと共に色々変えたりしながら作り上げました。皆が一丸となって演奏するさまを聴いてほしいです」と意気込みを語りました。


なお、『逆転検事2』の演奏には、なるけみちこ氏と、ノイジークロークの川越康弘氏もパーカッションで参加していることが岩垂氏から紹介されました。なるけ氏は、さきほどの坂本氏の挨拶に対抗して、鼻の下に黒いビニールテープを貼ってヒゲを作っていたのがじつにお茶目でした(笑)。


そして始まる、岩垂氏の指揮による『逆転検事2』メドレー。まずは「御剣怜侍 ~異議あり! 2011」。重厚に響くピアノのイントロから、弦と木管、金管が入ってきて華麗なオーケストラ演奏が響きます。落ちついた演奏の「捜査 ~中盤 2011」を経て、緊張感のある「対決 ~モデラート 2011」に。どっしり重厚な「対決 ~アレグロ 2011」、凛とした旋律が印象的な「御剣信 ~弁護士の心得」と続きます。


次の「キズナ ~信じる心」は、谷岡氏の演奏する美しいピアノソロが会場をやさしく包みこみます。続いて弦と木管、金管が入り、やさしく穏やかなハーモニーに。勇壮な金管が聞きごたえのある「捜査 ~核心 2011」を経て、「対決 ~プレスト 2011」はテンポアップして演奏が徐々に盛り上がっていきます。


ここでなんと奏者全員がガタッと起立。「待った!」「却下!」「アマいな!」と連続で叫んだ後、『逆転』シリーズの代名詞ともいえる名ゼリフ「異議あり!」を叫び、腕をまっすぐ伸ばして指を突き出すポーズを披露します。そのさまはじつに凛としていて格好良く、圧巻の迫力でした。観客からも大きな拍手が贈られます。そして演奏されたのは「追究~つきとめたくて」。高らかに鳴り響く金管、華麗に奏でられる弦の音色。ピアノが入って演奏が一旦落ちついたあと、再び演奏は盛り上がりを見せます。金管とピアノ、すべての楽器が織りなすハーモニーは疾走感と爽快感にあふれており、圧巻の演奏でした。演奏が終わると同時に、観客からは割れんばかりの大きな拍手が響きます。岩垂氏は演奏後の一礼で、『逆転検事2』の主人公・御剣怜侍のような所作を入れていたのが、『逆転』好きの筆者としてはたまらないものがありました(笑)。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

休憩をはさんで第2部最初に披露されたのは、『アンリミテッド:サガ』より「アンリミテッド:サガ序曲」です。華やかな金管から始まり、ゆったりした弦の音色へ。壮大かつ華麗なオーケストラ演奏が響きわたります。

続いて演奏されたのは、下村陽子氏のベストアルバム「drammatica」より、『聖剣伝説 Legend of Mana』の「滅びし煌めきの都市」。ピアノと弦で、しっとり切ない旋律が奏でられます。続いての「彩りの大地」は、金管をメインにした勇壮な演奏が響きます。シャンシャンと響くパーカッションも心地よいものでした。


次に披露されたのは『ファイナルファンタジー零式』の「我ら来たれり」です。木管の落ちついたイントロから、どっしり重厚な金管が入って荘厳なオーケストラが響きます。原曲にあるコーラスは今回ありませんでしたが、まったく引けをとらないほど大迫力の演奏でした。

続いては『ファイナルファンタジーVII』の通常バトル曲「闘う者達」です。勇壮な旋律が、金管で高らかに響きます。次は「ゴールドソーサー ~ 花火に消された言葉」。「ゴールドソーサー」は、壮大な演奏とともに、鉄琴やウインドチャイムが入ってきらびやかな雰囲気になっていました。途中に「エアリスのテーマ」が少しだけ入ったあと、「花火に消された言葉」が木管と鉄琴をメインにせつなく、そして美しく響きました。

ここで、『ニーア ゲシュタルト | ニーア レプリカント』(以下『ニーア』)のゲーム本編で歌を担当した、ヴォーカリストのエミ・エヴァンス氏が登場します。エミ氏に対して川崎氏からは、『ニーア』の歌詞で使用されている、エミ氏が作成した“未来語”について、どのように作られたのでしょうかという質問がされました。エミ氏は、「実際にある言語をもとにして、それが何千年か経ったらどういう風に変化するだろう?と想像して、そのイメージで未来語の歌詞を作りました」と答えます。各曲で使用されている未来語にはそれぞれ基になっている言語があるそうで、今回演奏される「光ノ風吹ク丘」の歌詞はポルトガル語を、「カイネ/救済」の歌詞はゲール語をもとにしているそうです。

ただし「イニシエノウタ/運命」はちょっと違っているそうで、「実は一番初めに作った楽曲がこれなんです。その時はまだ未来語を考えついていなくて、私が知っている言葉で響きがいいものを混ぜて歌詞を作りました。いろんな言語をもとに作った歌詞なので、聴いてくださった世界中のみなさんも、あれっ、これ聞いたことあるかも?でも、何を言ってるかわからない……と感じられたかもしれませんね」(エミ氏)と語られていました。


MC後、『ニーア』の楽曲が披露されます。まずは「光ノ風吹ク丘」。弦を主体にした流麗な旋律に、エミ氏の美しい歌声が響きわたりました。続いては「カイネ/救済」。ゆったり奏でられるピアノに、透明感あふれるエミ氏の歌声、そこへ重なる弦の響きによって生まれるハーモニーは、鳥肌が立つほどの美しさでした。続く「イニシエノウタ/運命」は、弦の重厚なイントロから始まり、リズミカルなパーカッションが入ります。続いて壮大な弦と金管、ピアノ、そしてエミ氏のボーカルで、迫力ある壮大な演奏が繰り広げられました。演奏が終わると、観客からひときわ大きな拍手が送られました。

続いて披露されたのは『ファイナルファンタジーVIII』より「Ending Theme」です。不穏に始まるイントロから、光が開けるようにリズミカルなピアノで明るく盛り上がった後、エミ氏が「Eyes On Me」を歌唱しました。この楽曲がエミ氏によって歌われるのはとても貴重な機会ですね。美しいオーケストラの響きとともに、伸びやかで美しいエミ氏の歌声が披露されます。続いて奏でられるのは「ファイナルファンタジー」の荘厳かつ美しい旋律。最後に「プレリュード」のメロディがハープと弦でゆったり奏でられ、演奏はフィナーレを迎えます。


アンコールには同じく『FFVIII』から、通常バトル曲の「Don't be Afraid」が披露されました。金管で壮大かつ勇壮に演奏されます。続いて、緊張感のあふれるボス戦の楽曲「Force Your Way」を経て、最後の「The Man with the Machine Gun」は原曲よりもテンポを落とした、勇ましい行進曲風アレンジでの演奏です。途中に入るピアノソロが綺麗でした。ゆっくりと演奏が締めくくられると、観客からは大きな拍手が贈られ、公演は幕を閉じました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

オーケストラの華麗な響きで、美しいゲーム音楽の数々を堪能できた「4star ensuite Orchestra」公演。特に『逆転検事2』メドレーは、作曲者の岩垂氏が自らタクトを振るった演奏の素晴らしさもさることながら、奏者全員による"異議あり!"の演出が圧巻で、度肝を抜かれました。演奏からはゲームに対する情熱がほとばしっており、いち観客として聴いていても非常に爽快で心地よく、素晴らしい時間を過ごすことができました。「4star ensuite Orchestra」は、今回の公演のために集まった有志奏者によるオーケストラとのことですが、機会があればまた同じメンバーでの演奏を聴いてみたいですね。


(後列左から)岩垂徳行氏、後藤正樹氏、坂本英城氏
(前列左から)エミ・エヴァンス氏、なるけみちこ氏、谷岡久美氏、コンサートミストレス 車谷歩氏


川崎優季氏


(C)Yutaka NAKAMURA
《hide/永芳英敬》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

    株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

  2. ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

    ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

  3. 【昨日のまとめ】ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤー!?、『シャドウバース』メインプランナーに迫る、『Fate/EXTELLA』ネロや玉藻の前がカジュアルな装いに…など(12/1)

    【昨日のまとめ】ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤー!?、『シャドウバース』メインプランナーに迫る、『Fate/EXTELLA』ネロや玉藻の前がカジュアルな装いに…など(12/1)

  4. 「Amazonランキング大賞2016」を発表、TVゲーム総合では『モンハン クロス』が1位に

  5. TVアニメ「セイレン」はヒロイン3人を各4話で描くオムニバス形式! 「アマガミSS」と同様の構成に…主題歌は奥華子

  6. NHKスペシャル「戦艦武蔵の最期」12月4日より放送―深海に眠る“今”の姿とは…?

  7. 映画「鋼の錬金術師」2017年12月公開―東京コミコンでロイ・マスタングの劇中衣装を披露

  8. あの「コップのフチ子」が可動フィギュア「figma」に!全5カラーで登場

  9. 『Fallout』「Pip-Boy」型マグカップがめちゃくちゃゴツい!海外通販サイトに登場

  10. AC『ポッ拳』こうていポケモン「エンペルト」がバトルに参戦!12月15日より登場

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top