人生にゲームをプラスするメディア

【インタビュー】ADV『D4』SWERYが語るインディー魂とPC版の魅力…シーズン2や日本語ボイスの情報も

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

【インタビュー】ADV『D4』SWERYが語るインディー魂とPC版の魅力…シーズン2や日本語ボイスの情報も
  • 【インタビュー】ADV『D4』SWERYが語るインディー魂とPC版の魅力…シーズン2や日本語ボイスの情報も
  • 【インタビュー】ADV『D4』SWERYが語るインディー魂とPC版の魅力…シーズン2や日本語ボイスの情報も
既に100万人以上がプレイしている、Xbox One向けアドベンチャーゲーム『D4』。開発は「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」とギネスに登録された『レッドシーズプロファイル』のディレクター・SWERY(末弘秀孝)氏率いるアクセスゲームズで、先日PC版の発売が発表されました。

PC版ではマウス操作に対応し、様々なDLCを最初から収録。パブリッシングはPLAYISMが行い、Xbox One版同様に日本語でプレイすることができます。



そのPC版が5月8日から10日まで東京・秋葉原で開催された「東京インディーフェス2015」に出展されました。そこでインサイド/Game*Sparkでは、会場にてSWERY氏にインタビューを実施。PC版の特徴やシーズン2の配信時期、そして日本語ボイスなど、興味深い話をお伺いしてきました。

◆『D4』開発秘話




――すでに多くの来場者がPC版『D4』をプレイされていますが、“尖がっている”という意味ではインディーゲームに近い作品ですよね。

SWERY:資本的にはインディーデベロッパーではないんですが、僕らはインディー魂を持ってゲーム作りをしています。もちろんヒットさせる必要はあるんで、“流行”ではなく“自分たちで作りたい内容”で作品をヒットさせていこうという精神です。

――その魂というか精神は強く感じました。次世代機で海外ドラマのようなフル3DのADVを日本の会社が作ったんですからね。しかも完全新規……普通ならやらないです(笑)

SWERY:おっしゃるとおりで、特に“日本のデベロッパーが作った”というのは皆さん驚かれていました。

開発者の友達にも「最近は何やってるんですか?」ってよく聞かれて、「D4を作っているんですよ」って答えたら「ええぇ!」って(笑)

我々としては、「日本向けだと“人気が出やすい作風”が必要だけど、ワールドワイドで見たら、どこかに僕らの作品に共感してくれるユーザーがいるはずだ」という考えで『D4』を作ったんで、この反応は凄くうれしかったです。



――疑っているわけじゃないんですが、本当に日本人の方が作られているんですよね。

SWERY:アクセスゲームズは大阪の中央区にあるんですけど、そこで日本人が作っていますよ(笑)。マイクロソフトさんとの契約の関係で、ネイティブの開発者が2名ほどチームに居ますが、海外ゲームの良い所を日本人の感覚でアレンジしています。

――それは実際にプレイして感じました。特にKinectのシステムはよく出来ていたと思います。

SWERY:Kinectのゲームって、どれもダンスゲームのようにポーズをコピーするシステムを作ろうとするんですけど、そうするとゲームで起こっている事よりも入力の方が優先されて、バランスが悪くなるんですよ。なので『D4』では、「ドラマを見るように寛いで、誰でもカジュアルに新しい体験を提供する」というコンセプトを立てまして、今の形に落とし込みました。

――その苦労あって、あの気持ちの良いQTEが出来上がったんですね。

SWERY:ありがとうございます。やはりKinectが楽しいと言っていただけるのが一番嬉しいですね。どうしても「Kinectだからいやだ」というユーザーさんがいらっしゃるので。



――ストーリーや演出面で参考にした作品はありますか。

SWERY:特にコレという作品はありませんが、プロジェクト開始時は毎週木曜日の17時から19時まで「ドラマタイム」と題して、チーム皆でその時流行っていたドラマをずっと見ていました。

――似た取り組みをされている作品は他にもあると思うんですが、海外ドラマの様なゲームを日本人が作っちゃうと、何故だか寒い演出になったりするじゃないですか。でも『D4』は凄くかっこよかったので驚きました。

SWERY:先日「荒木飛呂彦の漫画術」(集英社)という本を読んだんですけど、主人公が間抜けで窮地に陥るのは駄目だと書かれていました。まさにその通りなんですが、日本のゲームってそれ多いじゃないですか。それお前のせいやん!!って(笑)

ですので、その要素は徹底的に排除しました。あと、プレイヤーが気づいているのに主人公が気づいていないは“探偵”として微妙なので、そこも気をつけています。



――特徴的なグラフックについてもお聞きしてよろしいですか。

SWERY:このグラフィックを実現するために、多くの時間をシェーダーに注ぎ込みました。開発には「全体の調整」「塗り部分の抽象化(アブストラクション)」「エッジの調整」の3項目をそれぞれ1人のプログラマが担当しているんですが、彼らはプログラマなので、「このイラストみたいに」と例を出しても直ぐには理解できません。なので、「ここはこういう塗りにしたい」と細かく指示して、アートディレクターと一緒に時間をかけて丁寧に作りました。

因みにアートディレクターは僕の先輩で「テリー・ボガード」を描いていた人なんですよ。

◆PC版の特徴




――ちょうど後ろでPC版のデモが出展されていますが、PC版ではKinect操作がマウスになるんですよね。

SWERY:当初はPC版を発売するつもりはなくて、GDC2014のカンファレンスで「感覚再現」の話をするときに「Kinectがなくても実現できますよ」という証明のためにPC版を作ったんです。そしたら売ってくれという意見を沢山頂いたので、発売することになりました。

――実際にプレイさせていただいたんですけど、マウス版もかなり面白かったです。

SWERY:最初はもっと複雑だったんですけど、それをシンプルにチューニングしていきました。開発状況としては、5月上旬にすべての要素が入りきって、今はそれを僕が見ている段階です。なので「ここも少しチューニングしないといけないなあ」という部分がまだ残っていて、昨日もホテルでリストを作っていました(笑)。

――他にも変更点があると思うんですけど、ここに注目して欲しいという要素はありますか。

SWERY:さっきの話の続きになるんですが、ただマウスに対応しただけじゃなくて、“一点にポインターを置く”などマウスが得意な動きをゲームプレイに反映しています。なので、Xbox One版とは違った感覚でプレイできます。

また、DLCがすべてゲームプレイで入手でき、60fpsで動作します。『D4』はアクションゲームや格闘ゲームではないんですけが、物語が60fpsで描かれるのは非常に美しくて魅力的ですよ。

◆今後の展開




――因みに続編はいつでますか。

SWERY:……気になりますよね。シーズン2の質問はツイッターでも一日に10件ぐらいくるんですよ(笑)。飲みに行った写真を上げたら「それよりはシーズン2は?」って!今日も「PC版を出しているすよ」って言ったら「PC版おめでとう!で、シーズン2は?」って言われちゃいました。皆さん気にされていると思うんですけど、様々な関係性がありまして、「頑張ってます」としか……。

――ラストがあれですからね……私も待ってます!

SWERY:丁度この前、Twitchで生放送されている海外のユーザーさんを見つけたんですが……エンディングを見た後に頭を抱えて「うおぉぉ!こんなところで!!」って(笑)。それを生で見てしまったんで、頑張らないといけないなと強く思いました。頑張ります!

――ちょっと料金形態が分かりにくかったんですが、料金はシーズンごとに掛かるんですよね。

SWERY:そうですね。シーズン1が1,500 円 (税抜)で、それ以降は追加で頂くことになります。シーズンごとの販売は評判が良かったので、いいアイデアだったのかなと思います。



――PC版はPLAYISMからパブリッシングされますが、最初から決まっていたんですか。

SWERY:最初はお友達としてPC版の相談していました。でも話しているうちに、凄く真面目で「この人たちとだったら僕はクリエイティブに専念できる」と感じるようなったんです。それに会社の規模とか考え方も近いので、いいパートナーだと思います。

――日本語版も出ますしね。

SWERY:もちろんですよ!あとまだ夢の段階なんですが、いつかは日本語吹き替え版を出したいんですよね。パッチとかで。

――それはいいですね!あとPCスペックはいかがでしょうか。

SWERY:Xbox Oneのゲームなので、推奨スペックは高いです。ただ必要スペックはそれほど高くなくて、2年ぐらい前のPCでも十分です。また解像度など様々なオプション機能を追加しているので、画質を落とせば、体験と物語は問題なく楽しめます。

――ミドルスペックのユーザーには朗報ですね。

SWERY:D4のゲームデザインってカジュアルだと思うので、それなのにコアな人しか遊べないというのはよくないなと。

――PC版を作られたことで、新しく得たアイデアなどはありますか。

SWERY:オプション項目は勉強になりました。またマウスによる“クリック”や“一点保持”など、マウス操作のゲームデザインのアイデアは膨らみました。

――最後に読者へ向けてメッセージをお願いします。



SWERY:実は僕も読者です。皆さんも僕と同じ気持ちで普段から読まれていると思うんですが、ご存知の通り取捨選択好して記事を載せられるメディアなので、そこに『D4』が載るのは非常にありがたくて光栄です。

もし読者の方でまだ『D4』をプレイしていない方がいらっしゃいましたら、カジュアルで絶対面白いので、ぜひ遊んでみてください。

――ありがとうございました。

PC版『D4』は6月5日配信予定で、価格は14.99ドル(1480円)。PLAYISMほか、Steam・Humble Store・GOG.comでも配信されます。
《栗本 浩大》

特集

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  2. 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

    新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

  3. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  4. 【特集】『Wallpaper Engine』の使い方―Steamで人気の“動く壁紙”作成ソフト

  5. 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

  6. 『ルーセントハート』2017年4月26日にサービス終了…8年を超えて歩み続けたMMORPG

  7. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

  8. 伊藤潤二×クトゥルフ!?ポーランド産ホラー『恐怖の世界』αプロトタイプが配信

  9. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  10. 『RPGツクール MV』では近未来・SF・現代・軍事・ホラーの素材を収録!点数は200%以上増量

アクセスランキングをもっと見る