人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…

その他 フォトレポート

【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
  • 【レポート】舞台「ぷよぷよ」の再現度に驚愕、この演出は面白い…
5月2日から6日にかけて、赤坂ACTシアターにて開催される舞台「ぷよぷよ オンステージ」。その初回公演に先駆けて、報道陣・関係者向けにゲネプロ公演が行われました。

本公演は、セガゲームスが誇る国民的パズルゲーム『ぷよぷよ』シリーズの24(ぷよ)周年を記念して上演される舞台。アルル、アミティ、りんごといったシリーズではおなじみの主人公たちに加え、サタンやルルーといった『ぷよぷよ』に欠かせないキャラクターも多数出演。キャストには、伊藤梨沙子さん、加藤里保菜さん、河村唯さん、綾那さん、田上真里奈さんといった面々が名を連ねています。

◆アルルが森で見つけたものは…?舞台だけのオリジナルストーリーが展開




「ぷよぷよ」シリーズは家庭用ゲーム機を中心に、スマートフォン、アーケードとさまざまなプラットフォームで展開され、24年の間に多くのユーザーから愛されてきたシリーズです。今回の舞台で描かれるのは、これまでどの作品でも描かれなかったオリジナルストーリー。

ある日のこと、アルルがサタンとのぷよぷよ勝負に敗れて落ち込んでいると、いつもアルルと一緒にいるカーバンクルが何かに導かれて、森の奥へと消えて行ってしまいます。心配になったアルルが後を追うと、そこにはこれまで見たこともない色のぷよぷよを見つけます。今回の舞台では、このぷよぷよを中心に物語が展開していきます。



舞台を見てまず目を引いたのは、精巧に作られた衣装や小道具の数々。デフォルメされたアニメ調のイラストが多い『ぷよぷよ』シリーズですが、そんな作品のイメージを損なうことなく、忠実に再現されていました。また、言葉遣いや動きもキャラクターのイメージそのままで、作品全体に漂う雰囲気を見事に描いています。特に綾那さん演じるシグや、ルウトさん演じるシェゾの掛け合いは必見。中には、熱心なファンであれば思わずニヤリとする場面もあるかも?

◆ゲーム画面を使った大胆な演出も魅力




物語が進むと、アルルやアミティ、りんごたちが、それぞれの方法でぷよぷよ探しに奔走します。その道中では、ラフィーナやルルーといったキャラクターとのぷよぷよバトルに発展することもあります。このバトルとは、『ぷよぷよ』の代名詞とも言える落ち物パズルでのバトルであり、なんと実際に巨大スクリーンが現れて、ゲーム画面が映し出されるのです。



このパズルバトルは公演中に幾度となく行われ、時にはその勝敗がストーリーを左右することも。誰と誰が対戦するのか、またその結果がどうなるのかは実際に見てのお楽しみとなりますが、注目ポイントであることは間違いありません。数ある対戦の中では、画面いっぱいにあったぷよを一気に消す大連鎖が巻き起こることも。舞台ファンだけでなく、ゲームファンにとっても見逃せない演出と言えます。連鎖が起こるときの掛け声もしっかりと再現されており、コミカルな動きやセリフもしっかりチェックしてほしいところ。


かわいらしい『ぷよぷよ』の世界観を活かし、全キャラクターの個性も引き出した舞台となっています。物語の過程で、落ち込んでしまうアルルなど、シリアスな場面も垣間見えますが、決して暗くなりすぎず、明るく楽しいエンターテイメントに仕上がっているのも魅力のひとつ。シリーズのファンになったタイミングがいつであろうと、誰でも満遍なく楽しめるはずです。




なお、公演終了後にはアミティ役の菊池志穂さん、アルル/クルーク役の園崎未恵さんといった『ぷよぷよ』シリーズの担当声優がスペシャルゲストとして出演するミニトークショーが行われます。どんな話が飛び出すのか、ファンの人はこちらも期待してみましょう。
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  3. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

    SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  4. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  5. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  10. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

アクセスランキングをもっと見る