人生にゲームをプラスするメディア

「勇者ヨシヒコ」シリーズ一挙放送が決定! 予算の少ない『ドラクエ』風冒険活劇を刮目せよ

その他 全般

「勇者ヨシヒコ」シリーズ一挙放送が決定! 予算の少ない『ドラクエ』風冒険活劇を刮目せよ
  • 「勇者ヨシヒコ」シリーズ一挙放送が決定! 予算の少ない『ドラクエ』風冒険活劇を刮目せよ
テレビ東京系列の「ドラマ24」枠で放送されていた「勇者ヨシヒコと魔王の城」と「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」が4月26日の24時より、ニコニコ生放送にて一挙放送されます。

数多くの代表作を持ち、ゲームファンにとっては「嘘をついてまでPS4に熱中する」というCMに登場したことでも知られてる、俳優の山田孝之さんが主演を務めたTVドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ。本ドラマでは、危機を迎えた世界を救うべく立ち上がった勇者・ヨシヒコの波瀾万丈な冒険物語が、たっぷりのコメディテイストを盛り込み描かれました。オープニングシーンから堂々と「予算の少ない冒険活劇」と明かすその姿勢も、実に清々しいばかりです。

ヨシヒコを導くはずの存在である仏も、演じた佐藤二朗さんの魅力が遺憾なく発揮され、飄々とつかみ所がないのにどこか憎めない雰囲気を醸しだし、物語に彩りを添えます。またヨシヒコの仲間たちである、紅一点ながらも胸のなさを揶揄されるムラサキ(木南晴夏さん)、役に立たない呪文ばかり覚えるが口は達者なメレブ(ムロツヨシさん)、雄々しくも意外な本性も垣間見せるダンジョー(宅麻伸さん)らも、目の離せない活躍をユニークに繰り広げてくれました。

そんな彼らの好演や、監督・脚本を務めた福田雄一氏の手腕が光り、2011年に放映された「勇者ヨシヒコと魔王の城」は高い評価を獲得。翌年には、100年後の世界を舞台としながらも旅する面々は誰一人変わってない「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」が放映されました。

この「勇者ヨシヒコ」シリーズは『ドラクエ』をモチーフとした場面が多々見受けられ、どこかで見覚えのある(しかし手作り感満載の)モンスターが出現したり、また家のツボを無断で割るといったネタも飛び出します。それもそのはず、このドラマにはスクウェア・エニックスが協力しており、『ドラクエ』でお馴染みの効果音も随所に使用されているのです。

個性的という名に相応しく、また多くのファンが支持したこの「勇者ヨシヒコ」シリーズが、このたびニコニコ生放送にて一挙生放送を実施することが明らかとなりました。「魔王の城」と「悪霊の鍵」がそれぞれ繰り返し上映されたことはありますが、シリーズ全23話一挙生放送を繰り返す上映は、ニコニコでは今回が初となります。

気になる放送日時は、4月26日の24時から4月30日の24時まで。たっぷり96時間、「勇者ヨシヒコ」を満喫することができます。4日間の間少しずつ見るもよし、29日の祝日を活用して一気に見るもよし。出演陣の熱演光る、他では見られない冒険譚をご覧になりたい方は、今回のチャンスをお見逃しなく。

■「勇者ヨシヒコと魔王の城」「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」全23話 96時間一挙放送
URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv217943077

(C)「勇者ヨシヒコと魔王の城」製作委員会
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

    【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. ジブリ風に『ゼルダの伝説』をアニメ化!?雄大な自然を描いたファンメイド映像

    ジブリ風に『ゼルダの伝説』をアニメ化!?雄大な自然を描いたファンメイド映像

  4. 海外ゲーマー、クリア後の“エンドクレジット”について議論…「誰が読むの?」「飛ばせないのはやめて!」

  5. 今年も本屋に住める!ジュンク堂に泊り込むイベント10月開催…もちろん本読み放題

  6. 【昨日のまとめ】侵略から脱衣まで!D3Pの最新3作に迫るインタビュー、『スプラトゥーン』立体パズルが登場、ヒロイン全員死亡の恋愛ADV『セヴンデイズ』制作決定…など(9/27)

  7. 「ハイスコアガール」がカプセルトイに!ハルオや大野さんがフィギュアストラップとして登場

  8. 手軽に画像をゲームボーイ風に加工!「GB Pic」でインサイドちゃんもあの懐かしい雰囲気に

  9. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  10. 実写「ジョジョの奇妙な冒険」2017年夏公開!仗助を山崎賢人、承太郎を伊勢谷友介が演じる

アクセスランキングをもっと見る

page top