人生にゲームをプラスするメディア

「デスノート」連続ドラマ化決定! Lの後継者・N(ニア)初の実写化も

その他 全般

 
  •  
  •  
2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された、原作・大場つぐみ&漫画・小畑健による少年漫画「DEATH NOTE」。この7月、新たなキャストで日本テレビ系での連続ドラマ化が決定し、これまで熾烈な頭脳戦を繰り広げてきた夜神月(やがみライト)、L(エル)はもちろん、実写では初となるN(ニア)が登場することが判明した。

国内シリーズ累計発行部数3,000万部突破した大人気コミック「DEATH NOTE」。“名前を書いた人間を死なせることができる”という死神のノート「デスノート」というセンセーショナルな設定と、その持ち主となり、犯罪者を抹殺し、悪人のいない理想の世界を作り上げようとする夜神月、謎に包まれた世界一の名探偵・Lなど個性的なキャラクターから人気に火が付き、社会現象にもなった。

連載終了後もアニメ・映画・舞台・小説など様々なメディアで展開され、いまなお新たなファンを獲得し続ける「DEATH NOTE」だが、このほど日本テレビ系列での連続ドラマ化が決定。キャストも一新され、アニメとも映画とも違うオリジナルストーリーが加わるという新たな試みと、実写化作品では初となる“L”の後継者・“N”や、初映像化となる新キャラクターが登場するのもシリーズファンには嬉しいところだ。

連続ドラマだからこそ描くことのできる、月、L、Nの3人の天才たちが繰り広げる頭脳戦の末に、新たな結末が待ち受けるというドラマ「デスノート」。今後、明らかにされるという新情報をお見逃しなく。

連続ドラマ「デスノート」は7月、放送開始。

「デスノート」連続ドラマ化決定! Lの後継者・N(ニア)初の実写化も!

《text:cinemacafe.net》

その他 アクセスランキング

  1. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

    青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  4. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  5. 【昨日のまとめ】『FGO』新章「-Epic of Remnant-」紹介ページ公開、Steam版『プリンセスメーカー リファイン』発売、『Horizon Zero Dawn』海外向けゲーム紹介映像…など(2/18)

  6. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  7. 【昨日のまとめ】ゲーム業界の重鎮が集う会員制飲食店「84」へ潜入、『ポケモンGO』配信中の最新アップデート続報、『スプラトゥーン2』街中の1シーンが公開…など(2/17)

  8. レトロゲームにぴったり?“ブラウン管テレビ風の20型液晶テレビ”が11月中旬に発売

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

アクセスランキングをもっと見る