人生にゲームをプラスするメディア

岩手県、『Ingress』活用を踏まえ「岩手県庁ゲームノミクス研究会」を発足

モバイル・スマートフォン iPhone

岩手県、『Ingress』活用を踏まえ「岩手県庁ゲームノミクス研究会」を発足
  • 岩手県、『Ingress』活用を踏まえ「岩手県庁ゲームノミクス研究会」を発足
岩手県は、米Googleのスマートフォン向け位置情報ゲーム『Ingress』を活用した観光振興や情報発信を研究する「岩手県庁Ingress研究会」の活動成果を踏まえ、『Ingress』だけでなく広くゲームを地域活性化に活用することを研究する「岩手県庁ゲームノミクス研究会」を発足すると発表しました。

「岩手県庁Ingress活用研究会」とは、『Ingress』を観光振興や情報発信に活用するため昨年より岩手県庁内に発足した研究会。日本国内で『Ingress』を地域活性化に活用したのは同県が初で、これまで街歩きをしながら『Ingress』をプレイするイベントを複数開催してきましたが、県外から参加者が訪れたりGoogleの支援もあったりと大きな反響と効果を得ています。

今回発足した「ゲームノミクス研究会」ではこれまでの実績と経験をもとに、2016年開催予定の「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」に向けて引き続き『Ingress』を活用すると共に県内各地で行われている『Ingress』関連の活動を支援し、さらに『Ingress』以外のゲームとのコラボレーションの検討やゲーム、ゲーミフィケーション、サブカルチャー、ポップカルチャー振興の調査研究も行われていきます。設置期間は2016年度までだが延長の可能性もあるとのことで、第1回会議は5月19日に県庁にて公開で開催されます。

記事提供元: vsmedia
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

    金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

  2. 『タワー オブ プリンセス』が初音ミクとコラボ! オリジナルストーリーや期間限定コラボ装備も登場

    『タワー オブ プリンセス』が初音ミクとコラボ! オリジナルストーリーや期間限定コラボ装備も登場

  3. 【CEDEC 2016】『チェンクロ』開発者が語る「摩耗しない」モバイルゲーム運営...ストーリー性の価値を説く

    【CEDEC 2016】『チェンクロ』開発者が語る「摩耗しない」モバイルゲーム運営...ストーリー性の価値を説く

  4. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  5. ハンゲーム『ブレイブリークロニクル』Android版クローズドβテストが先着1,000名でスタート

  6. 「東方Project」公式LINEスタンプが配信開始、魔理沙・霊夢・チルノなどがスタンプに

  7. 『ポケモンGO』アップデート配信開始…「強さを評価してくれる機能」に加え、バグ修正も

  8. 『実況パワフルサッカー』PV公開! 舞台は『パワプロ』と同じパワフル高校、アクションはウイレレエンジンをベースに

  9. 『ポケモンGO』国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述、72歳女性が死亡

  10. 『ポケモンGO』アップデート実施…ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

アクセスランキングをもっと見る

page top