人生にゲームをプラスするメディア

「東方Project」がついに海外進出!PLAYISMより『東方輝針城』英語版が配信予定

その他 全般

海外「PLAYISM」公式サイトより
  • 海外「PLAYISM」公式サイトより
アクティブゲーミングメディアは、海外向けPLAYISM公式サイトにて、PC『東方輝針城』の英語版を配信すると明らかにしました。

『東方輝針城』は、上海アリス幻樂団が手がける「東方Project」シリーズのゲーム第14弾となる弾幕シューティングです。このシリーズはゲーム以外にも音楽や書籍、その二次創作などで盛り上がりを見せている作品群となっており、今回は『東方輝針城』が英語圏へ進出することが明らかに。

国内向けのPLAYISMにおいては、『東方輝針城』が既に『東方』シリーズ初のDLタイトルとして配信されており、その英語版が海外向けに展開されることとなりました。なお、『東方』シリーズが公式に英語圏へ登場するのはこれがはじめてのことになります。リリース日については近日中に発表される予定になっているとのこと。

《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

    「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る