人生にゲームをプラスするメディア

「東方Project」がついに海外進出!PLAYISMより『東方輝針城』英語版が配信予定

その他 全般

海外「PLAYISM」公式サイトより
  • 海外「PLAYISM」公式サイトより
アクティブゲーミングメディアは、海外向けPLAYISM公式サイトにて、PC『東方輝針城』の英語版を配信すると明らかにしました。

『東方輝針城』は、上海アリス幻樂団が手がける「東方Project」シリーズのゲーム第14弾となる弾幕シューティングです。このシリーズはゲーム以外にも音楽や書籍、その二次創作などで盛り上がりを見せている作品群となっており、今回は『東方輝針城』が英語圏へ進出することが明らかに。

国内向けのPLAYISMにおいては、『東方輝針城』が既に『東方』シリーズ初のDLタイトルとして配信されており、その英語版が海外向けに展開されることとなりました。なお、『東方』シリーズが公式に英語圏へ登場するのはこれがはじめてのことになります。リリース日については近日中に発表される予定になっているとのこと。

《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  2. 「ブックオフオンライン年間ランキング」ゲーム部門1位は『ドラクエIX』! 旧ハードの作品がずらり

    「ブックオフオンライン年間ランキング」ゲーム部門1位は『ドラクエIX』! 旧ハードの作品がずらり

  3. 【昨日のまとめ】『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ、クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」、『妖怪ウォッチ』人気投票の1位は「3兆円」…など(12/6)

    【昨日のまとめ】『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ、クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」、『妖怪ウォッチ』人気投票の1位は「3兆円」…など(12/6)

  4. 岸田メルがCM出演、中盤以降はノリノリにボケ倒す…岸田メルってもう神じゃない?

  5. 【特集】爆笑乱闘ゲーム『Gang Beasts』のはじめ方―プレイ方法やゲーム内容を解説!

  6. スクウェア・エニックス、ダウンロード版の売上が全体の3割を超えたと発表

  7. 「君の名は。」興行収入200億円突破!IMAX上映も決定

  8. ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

  9. 2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top