人生にゲームをプラスするメディア

レトロゲーム宅配サービスが海外で開始…毎月ランダムで届く

ゲームビジネス 市場

レトロゲーム宅配サービスが海外で開始…毎月ランダムで届く
  • レトロゲーム宅配サービスが海外で開始…毎月ランダムで届く
定期購読することで毎月レトロゲームを届けてくれる、「My Retro Game Box website」という海外のゲーム宅配サービスが話題になっています。

公式サイトによれば、届くゲームソフトはN64 、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、セガ・マスターシステム、セガ・メガドライブなど、多岐に渡るハードに対応しており、レトロゲームコレクターが厳選した複数のソフトを、顧客の好みに沿ってランダムで送付。ランダムと言っても、もちろん自分の持っているハードの種類や、自分が好むジャンルや傾向で絞ることも可能です。好みのゲームだったけどプレイできない、などと憂慮することなく「次は何が入っているのか?」と期待することができますね。

サービスの価格は3ヶ月で65ポンド(約12000円)、半年で125ポンド(約22000円)、1年で230ポンド(約40000円)と決して安い金額ではないものの、現在は新規登録がストップしており、サービス自体は人気を博しているようです。YouTubeにおいても数々の開封動画がアップロードされており、今回はそのうち一つをご紹介します。



動画では、NES(アメリカ版ファミコン)の『STAR WARS』がブックレット付きで届くなど、マニアも唸らせる作品が収録されている「My Retro Game Box」。steamなどのダウンロード・サービスが主流となり、カセット媒体のゲームソフト自体が珍しくなった現代では、このようなサービスはすっかり珍しいものになりました。

残念ながら日本でのサービスは予定されていないようですが、「レトロゲームは、レトロなプラットフォームで動かしてこそ!」という筋金入りのゲームファンにとってもさながら、「何が届くかわからない」という福袋のようなワクワク感もまた、ゲーム好きにとっては堪らないのではないでしょうか。
《つっきー》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  3. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

アクセスランキングをもっと見る