人生にゲームをプラスするメディア

「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始!シリーズの設定画やイラストを408Pの大ボリュームで

その他 全般

「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始
  • 「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始
  • 「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始!シリーズの設定画やイラストを408Pの大ボリュームで
  • 「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始!シリーズの設定画やイラストを408Pの大ボリュームで
  • 「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始!シリーズの設定画やイラストを408Pの大ボリュームで
  • 「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始!シリーズの設定画やイラストを408Pの大ボリュームで
  • 「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」発売開始!シリーズの設定画やイラストを408Pの大ボリュームで
  • ebtenDXパック タペストリー
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、KADOKAWAより「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」を発売開始しました。


『俺の屍を越えてゆけ』は、世代交代を重ねて一族を強化し、宿命の敵を倒すべく冒険する人気RPGシリーズです。第1作は1999年にPlayStationで発売され、独特の設定や世界観が高く評価され、2011年にPSPでリメイク版も発売されました。2014年7月にはおよそ15年ぶりの完全新作として、第2作『俺の屍を越えてゆけ2』がPlayStation Vitaで発売され話題となりました。

そんな『俺の屍を越えてゆけ』と『俺の屍を越えてゆけ2』に登場するキャラクターたちの魅力がふんだんに盛り込まれた初の公式設定画集「俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集」が本日より発売開始となりました。A4判408ページの大ボリュームで、『俺屍』シリーズの設定画やラフスケッチなどが掲載されています。また、電子書籍版や通販サイト「エビテン」限定タペストリー付き「ebtenDXパック」も同時発売となっています。


◆俺の屍を越えてゆけ 公式設定画集

【通常書籍版】
■発売日:2015年4月2日(木)(好評発売中)
■価格:3,700円(税抜)
■仕様:A4判 408ページ
■発売元:KADOKAWA(エンターブレインブランド)

【電子書籍版】
■発売日:2015年4月2日(木)(好評発売中)
■価格:3,300円(税抜)
■発売元:KADOKAWA(エンターブレインブランド)

【ebtenDXパック】
■発売日:2015年4月2日(木)(好評発売中)
■価格:5,200円(税抜)
■エビテン商品URL:http://ebten.jp/ps/p/7015015022301/
■発売元:KADOKAWA(エンターブレインブランド)
■付属品:B2判タペストリー(タペストリーのみの販売はありません)


■内容:
・キャラクターデザイン担当の佐嶋真実氏による設定画900点以上を掲載
初期スケッチやラフ画、三面図など、さまざまな設定画を多数掲載。お宝画像もふんだんに盛り込まれています。

・開発陣の手元で眠っていた各種設定画も徹底掲載
『俺の屍を越えてゆけ2』で新たに登場した神様のほか、背景、アイテム、大将鬼など、さまざまな設定画が掲載されています。

・パッケージアートやロングインタビューも掲載
パッケージ用に描かれたイラストや、販促用に描かれたイラストもあますところなく掲載。佐嶋真実氏のロングインタビューも収録しています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『俺屍』シリーズファン垂涎のアイテム。気になった方は各取扱店をチェックしてみてください。

(C)1999 Sony Computer Entertainment Inc.
(C)1999-2011 Sony Computer Entertainment Inc.
(C)2014 Sony Computer Entertainment Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  3. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

    SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  4. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  5. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. スクウェア・エニックス・ホールディングス、新規RPGプロジェクトを発表…「『人生の応援歌』となる物語を届け続ける」新スタジオも発足

アクセスランキングをもっと見る