人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレムif』6月25日発売 ― 2バージョン展開で、プレイヤー自身が“純粋な主人公”に

任天堂 3DS

主人公
  • 主人公
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
任天堂は、4月2日に実施した「Nintendo Direct 2015.4.2」にて、ニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国』の最新情報を公開しました。

人気SRPGシリーズの最新作となる『ファイアーエムブレムif』の映像と共に、販売形態から特徴的な構成まで、様々なポイントが明らかとなりました。これまで、主人公の相棒やもうひとりの主人公として「マイユニット」が登場したシリーズ作品はありますが、本作ではプレイヤー自身が純粋な主人公となる、シリーズ初の試みが行われます。



そして本作の物語は、「白夜王国」と「暗夜王国」という2つの国家の争いが舞台となります。平和を重んじる「白夜王国」と、覇権を狙う「暗夜王国」。そのどちらに属して戦うかは、主人公であるプレイヤーが選択します。



それぞれストーリー展開やステージ構成も異なる『ファイアーエムブレムif 白夜王国』と『ファイアーエムブレムif 暗夜王国』という、2つのバージョンのパッケージ(税抜 4,700円)がリリースされるので、属する側を予め決めてから購入しましょう。


なお、『白夜王国』と『暗夜王国』は追加コンテンツとして入手することも可能なので、片方を購入した方は、もう片方のコンテンツを1,852円(税抜)で手に入れることができます。また、どちらの国にも属さないという「第三の道」が選べる大型追加コンテンツが、本作発売後に配信を予定。こちらの価格も1,852円(税抜)です。


さらに、冒頭部分を遊んでから「白夜王国」と「暗夜王国」のどちらに属するかを選べるダウンロード版(税抜 4,700円)や、『白夜王国』『暗夜王国』「大型追加コンテンツ」に特典を加えた「限定版」(税抜 9,250円)も予定されています。



本作の発売日も発表となり、6月25日にリリース決定。力を合わせて激戦に立ち向かう「白夜王国」と、暴走する国を内側から変えていく「暗夜王国」。双方魅力的な内容となっており、取捨選択が非常に悩ましい問題と言えそうです。



どちらを選ぶか、または両方遊ぶか、発売日までにじっくり考えておきましょう。判断に悩む方は、オープンされた公式サイトをチェックし、判断材料のひとつにしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、『白夜王国』と『暗夜王国』はそれぞれ、シリーズ前作となる『ファイアーエムブレム 覚醒』と同程度のボリュームになるとのこと。異なる展開を描く物語は、それぞれ手応えも十分のようです。



(C)2015 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

※画像は動画からのキャプチャー
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

    『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  3. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  5. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  6. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  7. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  8. ニンテンドースイッチの価格・発売日からタイトル発表まで! 『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 BoW』も飛び出したプレゼンを振り返る

  9. 『スーパーマリオ オデッセイ』新アクション「帽子投げ」もお披露目! 開発者が語るステージ映像が公開

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る