人生にゲームをプラスするメディア

一度始めたら逃げられない?PCホラー『1214』のスマホ連動が狂気的…ゲーム内ホラーが日常へ

その他 全般

一度始めたら逃げられない?PCホラー『1214』のスマホ連動が狂気的…ゲーム内ホラーが日常へ
  • 一度始めたら逃げられない?PCホラー『1214』のスマホ連動が狂気的…ゲーム内ホラーが日常へ
  • 一度始めたら逃げられない?PCホラー『1214』のスマホ連動が狂気的…ゲーム内ホラーが日常へ
スマートフォンアプリとゲームが連動する仕組みが増えてきた昨今ですが、先日GreenLightで発表された『1214』はゲームとスマートフォンの一風変わった連携に挑戦するようです。

スペインのインディーズディベロッパーVyretrux Gamesが送り出す『1214』は、スマートフォンとの連携を強めたPC向けの一人称視点のホラーゲームです。特に「自分のスマートフォンに突如電話が掛かってくる」は実にホラー。この他にも振動を利用したパズルなど、リアルタイムに影響を与えてくるスマートフォンとの連動ギミックが特徴的です。

そして“一風変わった連携”として、PC上でゲームをプレイしていない状況でも、「スマートフォンアプリによって突如ゲームを進行させられる」仕組みを実装。具体的な内容は不明ですが、ランチ中に「ホラーな画像」や「狂気を感じる文章」などが突然送られてくるシーンを想像するとゾッとしますね。



またゲーム内の音楽にも非常に力を入れているとのことで、サウンドはすぐ側で本当に音が鳴っているかのような印象を与える「バイノーラル式」の音源を使用。ゲームを停止しても、スマートフォンからゲームの世界に引きずり込まれる――そんな大胆かつ新しいホラーゲーム『1214』はまだ初期段階のコンセプトプロジェクトですが、興味深い一作になりそうです。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

    青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  2. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  5. 【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

  6. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  7. 【昨日のまとめ】『FGO』新章「-Epic of Remnant-」紹介ページ公開、Steam版『プリンセスメーカー リファイン』発売、『Horizon Zero Dawn』海外向けゲーム紹介映像…など(2/18)

  8. 【お知らせ】「ゲームクラウドアワード2017」の投票を開始しました

  9. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  10. 【日々気まぐレポ】第186回 話題のフレームアームズ・ガール新作「フレズヴェルク」を、あえて素体だけで遊んでみた

アクセスランキングをもっと見る