人生にゲームをプラスするメディア

3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介

任天堂 3DS

コラボレーションDLC第3弾『すーぱーそに子 パック』
  • コラボレーションDLC第3弾『すーぱーそに子 パック』
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
  • 3DS『ダウンタウン熱血時代劇』ゲームモードと、PS3『熱血行進曲』DLC「すーぱーそに子」を紹介
アークシステムワークスは、コラボレーションDLC第3弾『すーぱーそに子 パック』の配信を開始し、3DS『ダウンタウン熱血時代劇』の最新情報を公開しました。

配信が開始されたのは、PS3『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~』のコラボレーションDLC第3弾「すーぱーそに子 パック」です。同時に、3DS『ダウンタウン熱血時代劇』の最新情報として、ゲームモード特集が公開されました。

◆コラボレーションDLC第3弾『すーぱーそに子 パック』




PlayStation Store にて、PS3ソフト『ダウンタウン熱血行進曲それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~』のコラボレーションDLC第3弾『すーぱーそに子 パック』の配信が開始されました。



ニトロプラスのライブイベント「NITRO SUPER SONIC」のマスコットガール“すーぱーそに子”の所属バンド「第一宇宙速度」がメンバーと共に、くにおくんの運動会に応援にやってきました。そに子の後輩グラビアアイドル、“すーぱーぽちゃ子”と、すーぱーそに子の敏腕マネージャー“北村マネージャー”も、視察にやってきています。

・価格:無料
・配信期間:2015年3月26日~2016年3月26日まで
※配信期間は予告なく変更となる場合があります。

■すーぱーそに子プロフィール
名前:すーぱーそに子
グラビアモデル、ニトロプラス/GEORIDE所属ミュージシャン。
現在はグラビアモデルやゲームへの出演、ミュージシャンとして活躍する傍ら、現役大学生として勉学に励む。
ガールズ・スリーピース・バンド“第一宇宙速度”に所属、ヴォーカル・ギターを担当している。バンド内での愛称は「ニコちゃん」。

■所属バンドプロフィール
バンド名:第一宇宙速度
2010年結成。バンド名の由来は人工衛星が必要とする速度である「第一宇宙速度」より。命名は富士見 鈴。
すーぱーそに子/Super Sonico [Vocal&Guitar]
富士見 鈴/Fujimi Suzu i [Bass]
綿抜 フウリ/Watanuki Fuuri [Drums]


◆3DS『ダウンタウン熱血時代劇』




1986年にアーケードゲームに登場して以来、根強い人気を誇ってきた“正義の不良”こと『くにおくん』シリーズ。『ダウンタウン熱血時代劇』は、そんなくにおくんが、時代劇の世界に“渡世人”くに政として登場する完全新作のアクションRPGです。1991年にファミリーコンピュータで発売された『ダウンタウンスペシャルくにおくんの時代劇だよ全員集合!』の数年後を舞台とした完全新規ストーリー。シナリオは、『ダウンタウン熱血物語』の設定&シナリオを手がけた「もけけ関本」氏が担当します。また本作は、全てのモードがローカル通信に対応しています。

■あらすじ
あるところに、義理にゃ強いが情けにゃ弱い、くに政という渡世人の男がおりました。困った人を放っておけない性分のくに政は、これまでも任侠界の騒動を解決しながら、国から国へと旅を続けていました。

そんなある日、旅からふらっと帰って来たくに政は、突如お琴ちゃんから闇討ち事件が発生したこと、そしてその犯人がくに政の友人りき五郎だということを聞きます。しかし、りき五郎がそんな事をするはずがない、と思ったくに政は、お供のつる松を連れ飛び出していくのでありました。

時を同じくして、若い侠客同士の小競り合いが、任侠一家同士の大規模な抗争にまで発展。任侠界は騒然となってしまいます。果たして、くに政や仲間達はどうなってしまうのでしょうか―――。



■ストーリーモード

本作のストーリーモードでは、「スキルツリーシステム」で主人公のくに政とお供のつる松を自分好みに育成することが可能です。レベルアップ時に得られるスキルポイントを消費し、身につけさせたい能力を選択していくことで、成長の方向性を決められます。技やスキルを覚えさせたり、ステータスをアップさせ、くに政とつる松を強くしていきましょう。


スキルツリーで技の取得を選択すると、「まっはぱんち」が使えるように。また、ストーリーモードでは、もう一人のプレイヤーがお供のつる松を操作し、2人のプレイヤーで協力してプレイをすることも可能です。


育成したキャラクターを操作して、友達と2人で楽しめます。

■子分システム



ストーリーを進めていくと、出会ったキャラクターの中には「子分」 (CPU)として冒険に付いてきてくれる者も現れます。「子分」は、一度に2キャラクターまで連れて行くことができるので、主人公の「くに政」、お供の「つる松」、そして2人の「子分」の最大4キャラクターのパーティで騒動を解決します。



子分たちは、くに政やつる松のようにスキルツリーシステムで能力を手に入れることが出来ません。その代わり「ほうぎょく」を使用すれば、ステータスがアップします。「ほうぎょく」は何種類か存在し、気力、体力を上げたり、必殺技をランダムで覚える効能があるものもあります。「ほうぎょく」を使って、パーティの底力を上げて行きましょう。

■武器



本作では、殺陣のような爽快感たっぷりのアクションが楽しめる「カタナ」や手裏剣、時代劇にはかかせない「忍武器」などの武器を装備して戦うことができます。武器にはベーシックなものから、「これが武器に!?」と驚いてしまうようなものまで、様々な種類が存在します。



装備可能な武器は、「むさし」などの街を歩いていると出くわす「万」ののれんが目印の「よろず屋」で購入することが出来ます。さらに、一部の武器はストーリーイベント等で貰える事もあります。



相手と自分の「カタナ」攻撃がきっ抗した際は、互いに押し合い「鍔迫り合い」状態になることがあります。高速でAボタンを連打し、相手を押し切りましょう。

■ミッションモード



お題付きのバトルをクリアしていくモードです。強盗から幽霊退治まで、様々な難題があなたを待ち受けます。徐々に難易度が上がっていく100のミッションに挑戦し、コンプリートを目指してください。ミッションをクリアすると、達成度によって1~3個の星がもらえます。沢山集めるといいことがあるかもしれません。



本モードでは、ローカル通信を使うことで、もう一人のプレイヤーが2人目のキャラとして参戦することが可能です。難易度の高いミッションは敵の数も多いので、1人で手に負えない時は、助っ人を呼んで突破しましょう。

■バトルロイヤルモード



ルールは至ってシンプル。敵たち(CPU)と倒れるまで殴りあい、最後に立っていた者が勝者となるモードです。落ちたら即脱落の、溶岩が煮え立つステージや、つるつる滑る氷のステージなど、特殊なギミックがあるものを含めたユニークなステージで戦います。バトル中に流れるBGMは、選択可能です。ダウンタウンシリーズの楽曲を手がけた澤氏による珠玉の時代劇サウンドを聞きながら戦えます。



ローカル通信を使えば、ルームを作成して、最大4人のプレイヤーでハチャメチャバトルが楽しめます。対CPU戦とはひとあじ違った友達同士の駆け引きで熱くなりましょう。

■早期購入特典
早期購入特典として、作中の楽曲を収録した「オリジナルサウンドトラック」が付属します。ダウンタウンシリーズの楽曲も手がけた澤氏によるアレンジが光る、新しくもどこか懐かしい「くにお」サウンドを堪能できます。

『ダウンタウン熱血時代劇』は、2015年5月28日発売予定で、価格はパッケージ版が4860円(税込)、ダウンロード版が4500円(税込)です。

(C) Million co.,Ltd. / ARC SYSTEM WORKS
(C)GEORIDE/Digitubo/Nitroplus
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

    『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

  3. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

    『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  4. 任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  7. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  8. 『ポケモン』中国語名称を巡り改名騒動、日本領事館付近でデモ

  9. 『スプラトゥーン』“ラストフェス”Tシャツ発売決定!イカベーダーCAPやギアパワー缶バッジBOXセットも

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top