人生にゲームをプラスするメディア

ついに『Ingress』が日本語対応 引き続き英語でのプレイも

モバイル・スマートフォン Android

ポータルの説明画面などが日本語化された
  • ポータルの説明画面などが日本語化された
  • アイテムの説明文も日本語化
  • 日本語化された設定画面
  • エージェントの説明などは未対応
 グーグルは25日、同社の社内スタートアップ「ナイアンティック・ラボ」が展開するゲームアプリ「Ingress」(イングレス)について、日本語化を行った。

 「Ingress」は、グーグルが開発した、現実世界を舞台としたオンラインでの“陣取りゲーム”。参加者は緑(エンライテンド)と青(レジスタンス)という2つの陣営に分かれ、実際に現実の地図を見ながら移動し、各地の拠点(ポータル)を奪い合い、陣地を形成することで全世界レベルで競い合うという内容だ。

 日本市場では、世界で第2位のダウンロード数を維持しているほか、最近ではローソンなどの企業が協力したり、自治体が地域活性化に採用したり、ゲーム内の世界観に留まらない動きを見せている。今週末には、京都で大規模イベント「証人」も開催される予定だ。

 Android /iOS版アプリを、最新版となる「Ingress version 1.73」にアップデートすることで、日本語化されたインターフェイスが利用できる。スキャナからのメッセージ、メニュー、アイテムの説明文などが日本語化されている。エージェントの活動ログ、COMMの表示、音声メッセージなどは未対応だ。

 アイテムなどは分かりやすくなったが、独特のサイバー風味がなくなったと感じる場合、アップデート後も、[OPS]>[設定]>[言語]から[English]を選択することで、英語表現に戻すことが可能だ。

Google製ゲーム「Ingress」、インターフェイスが日本語対応

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述、72歳女性が死亡

    『ポケモンGO』国内初の死亡事故…自動車運転中にプレイと供述、72歳女性が死亡

  2. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

    不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  3. 『ポケモンGO』アップデート配信開始…「強さを評価してくれる機能」に加え、バグ修正も

    『ポケモンGO』アップデート配信開始…「強さを評価してくれる機能」に加え、バグ修正も

  4. 【ゲームの中では傍若無人】40回:『Mars: Mars』 火星開拓は己の屍を越えてゆけ

  5. 横須賀市が「ヨコスカGO宣言」を発表! 『ポケモンGO』の推進と安全、地域の交流をサポート

  6. 『ポケモンGO』アップデート実施…ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

  7. 『オルタナティブガールズ』大型アプデで「VRラウンジ」&「バーチャルタワー」が実装

  8. PC/スマホ向けカードゲーム『アトム時空の果て』プロジェクト始動!「鉄腕アトム」など手塚キャラを奥浩哉や須田剛一、松山洋らがリメイク!

  9. 『シャドウバース』に新カードパック「ダークネス・エボルヴ」登場!9月アプデ内容も公開、PC版は8月22日リリース

  10. 『ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート』Twitterキャンペーン第2弾を開幕、小野大輔や梶裕貴の色紙が当たる

アクセスランキングをもっと見る

page top