人生にゲームをプラスするメディア

『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』3月25日稼働!新キャラ登場や8人対戦採用で、全面リニューアル

その他 アーケード

ヴァニィ
  • ヴァニィ
  • 校長
  • 『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』筐体イメージ
  • 『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』タイトルロゴ
  • 『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』3月25日稼働!新キャラ登場や8人対戦採用で、全面リニューアル
  • 『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』3月25日稼働!新キャラ登場や8人対戦採用で、全面リニューアル
KONAMIは、アーケードゲーム『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』を3月25日に稼働開始します。

『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』は、アミューズメント施設やゲームセンターを中心に人気を博すクイズゲーム『クイズマジックアカデミー』シリーズの最新作です。タイトルロゴデザインを一新し、大型アップデートを実施。「新生・クイズバトル」をテーマに、新キャラクターや新要素が多数追加されています。


◆新キャラクター&再登場キャラクター

■ヴァニィ(CV:照井春佳)
クイズバトルに不可欠な実況キャラクターとして“ヴァニィ”が初登場。クイズバトルをこれまで以上に盛り上げます。

■校長(CV:西村知道)
本名は「ヴァル・ヴァ・ヴァルアドス」。2009年にアーケードで展開された『6』以来となる再登場です。


◆8人対戦「トーナメント☆マジバトル」

シリーズ12年目にして初めて、対戦トーナメントを一新。8人対戦の「トーナメント☆マジバトル」となり、緊迫したスピード感あふれるクイズバトルが展開します。難易度別にリーグが分けられているので、シリーズ初心者から上級者まで存分にクイズバトルをプレイできます。特に初心者向けのリーグでは、より気軽に本作を楽しめるように、問題が易しめにリニューアルされています。

また、新要素の「お助け魔法」によってクイズバトルを有利に進められます。クイズの知識だけでなく、魔法を使った戦略も勝利へのポイントとなりそうです。

決勝戦はHP制による“タイマンバトル”。負けてしまうと魔法によるダメージで衣装が破けてしまうなど、より決勝戦らしい熱い“勝負”が繰り広げられます。


◆昇格条件は「勝つ」こと!

アカデミーで昇格するための条件としてさまざまな「試練」が用意されています。その達成条件となっている「ベル」を入手するにはバトルで勝つことが非常に重要な要素となっています。「ベル」は、ゲーム全体を通して入手可能。クイズバトルに勝って「ベル」を入手し、更なる高みを目指しましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

細かな選択画面や、ゲームの演出など、これまでにシリーズをプレイしたことがある人なら「変わった!」と感じられるほど大きくリニューアルした本作。稼働開始をどうぞお楽しみに。

『クイズマジックアカデミー 暁の鐘』は、2015年3月25日稼働開始予定です。

(C)Konami Digital Entertainment
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

    美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  4. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  5. 1億5000万回再生の恐怖映像「Lights Out」が映画化!シーンカット画像が到着

  6. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  7. 「この素晴らしい世界に祝福を!」2017年1月より第2期放送スタート!第1期一挙配信も決定

  8. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  9. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  10. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

アクセスランキングをもっと見る

page top