人生にゲームをプラスするメディア

「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”

モバイル・スマートフォン iPhone

「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
  • 「ザクセスヘブン」まずはスマホゲームで展開…SEED、ギアス、クロスアンジュ、舞-HiMEのスタッフによる“アニメーションRPG”
企画・原作・監督を古里尚丈氏、キャラクターデザインを久行宏和氏、佐々木洋平氏、松井章氏、秋山由樹子氏、平井久司氏が担当する「ザクセスヘブン」の発表会が3月17日に開催されました。

サンライズと縁の深いメンバーで贈られる「ザクセスヘブン」は、アニメの常識が覆るプロジェクトとして発表。その正体が、バンダイナムコオンラインとセガネットワークスの共同開発によるメディアミックスプロジェクトであることが明らかになりました。

まずはスマートフォン向けゲームとして登場し、その後様々なメディアで展開されていきます。

今回の発表会では、バンダイナムコオンライン事業本部長の関口昌隆氏、セガネットワークス上席執行役員事業本部長の岩城農様氏、バンダイナムコオンラインプロデューサーの近藤貴浩氏、セガネットワークスプロデューサーの萱沼由晴氏が登壇。本作には150人以上のキャラクターが登場し、5つの学園でそれぞれの物語が展開されるとか。さらに、20本以上のプレミアムアニメーションが制作され、随時配信されていきます。

なお、詳しいレポートは後ほどお届けします。

作品概要はこちら
《栗本 浩大》

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

    『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

  2. 映画「君の名は。」がLINEスタンプに…「お前は誰だ?」や“バカ”“あほ”などのシーンも

    映画「君の名は。」がLINEスタンプに…「お前は誰だ?」や“バカ”“あほ”などのシーンも

  3. 『モンスト』3周年キャンペーンに上島竜兵を起用!「モンストハッピーくじ」や熱湯風呂フォトブースなどが登場

    『モンスト』3周年キャンペーンに上島竜兵を起用!「モンストハッピーくじ」や熱湯風呂フォトブースなどが登場

  4. 9月30日にサービス終了の『アリスオーダー』、思い出を保管できるIDカードのダウンロードを実施中

  5. 『オルタナティブガールズ』ニコ生で発表された新情報まとめ、水着イベント&ガチャ・新VRゴーグル・温泉VR体験会

  6. 『シャドウバース』第2弾パック「Darkness Evolved」配信! ログインでパックチケット10枚配布も

  7. 【特集】『アトム:時空の果て』手塚眞×松山洋×イバイ・アメストイ直撃インタビュー! 彼らが感じる手塚治虫作品の魅力とは

  8. 「XFLAG PARK 2016」で『モンスト』新情報が続々公開!「エクリプス」「ナナミ」「ウリエル」などが獣神化

  9. 声優・小野大輔のLINEボイススタンプが登場!「もす。」「マジでか?」など珠玉の24フレーズ

  10. スクエニのスマホアプリ『アリスオーダー』9月30日にサービス終了

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top