最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
New 3DS LLが米国で好調 ― レジー社長がその理由や命名について語る

New 3DS LLが米国で好調 ― レジー社長がその理由や命名について語る

2015年3月17日(火) 09時00分
  • New 3DS LLが米国で好調 ― レジー社長がその理由や命名について語るの画像
    New 3DS LLが米国で好調 ― レジー社長がその理由や命名について語る
  • レジー社長の画像
    レジー社長

米国任天堂のレジー社長が、Newニンテンドー3DSの命名理由などについて海外メディアに語っています。

米国2月のニンテンドー3DS販売台数は約39万5000台で、前年比ではなんと90%の売り上げ増を記録。 2月度家庭用ゲーム機売り上げ台数でもトップとなりましたが、これには『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』や『Monster Hunter 4 Ultimate』などの人気ソフトによる後押しと共に、発売されたばかりのNewニンテンドー3DS LL(XL)の影響も、ブーストの要因となっています。

米国任天堂のレジー社長は、海外メディアForbesに対し「ユーザーは常に買い替えるための理由を探している」と、この大幅な売り上げ増についてコメント。「継続してハードウェアを改善していくことは長期の配当金にもつながる」としています。

また、「消費者を混乱させるのではないか?」という声も一部あがっている”New 3DS”の名称については、「その製品がどんなものであるかをユーザーに理解してもらう」という命名規則に基づいて考案されたもので、「”New 3DS”という名前が、ニンテンドー3DSの改良版であるということを伝えられると考えている」と語っています。

(Article written by 菜種)
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング