最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
新世代機版『CoD: MW2』を求める署名活動、6日目で賛同者9万人超え

新世代機版『CoD: MW2』を求める署名活動、6日目で賛同者9万人超え

2015年3月12日(木) 11時00分
  • 新世代機版『CoD: Modern Warfare 2』を求める署名活動、6日目で賛同者9万人超えの画像
    新世代機版『CoD: Modern Warfare 2』を求める署名活動、6日目で賛同者9万人超え

FPSジャンルにおけるエポックメーキングとなった歴史的名作『Call of Duty 4: Modern Warfare』の続編として、2009年に前世代機で発売された『Call of Duty: Modern Warfare 2』ですが、その新世代機版を求める署名活動がchange.orgで実施され、開始から6日目にして賛同者が9万人を超える反響を呼んでいます。

Co-opモード「Spec Ops」の実装や、戦術爆撃をはじめとする鮮烈な新キルストリーク、さらには社会問題と化した「No Russian」レベルなど、様々な側面で前作以上の話題を振りまいた本作ですが、この署名活動を始めたRamez Zahra氏によると、『CoD: Modern Warfare 2』は今尚Activisionのベストゲームの一つであるとして、武器/マップ/キルストリークとどれをとっても素晴らしかったと説明。さらに現状のXbox 360/PS3版ではチーターによる不正行為が横行していることもリマスター版を必要とする理由として挙げています。

署名の期限は設定されていませんが、目標の署名数は15万人。この要望はInfinity Ward C.E.OのJason West氏とActivision C.E.OのRobert A. Kotick氏の元へ届けられるとのことで、反響次第ではリマスター版の実現も夢ではないのかもしれません。

(原題:新世代機版『CoD: Modern Warfare 2』を求める署名活動、6日目で賛同者9万人超え)
(Article written by Round.D)

ソニーアクセスランキング