人生にゲームをプラスするメディア

初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視

モバイル・スマートフォン iPhone

初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視
  • 初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視
黎明期のゲームには欠かせなかった「ドット絵」。限定されたリソースの中で如何にキャラクターなどを描くかセンスが問われると共に、完成度の高いドット絵には多くの賞賛が集まり、語り継がれています。

技術の進歩により、実写かと見まごうようなゲーム画面が次々と飛び出していますが、ドット絵という表現に対する人気は衰えておらず、敢えてその雰囲気を活かしたゲームやアプリなどが今も登場しています。また、Tシャツやアクセサリーのデザインにドット絵を盛り込むといった、ゲームの枠を飛び出しての活躍も見られます。

常に多くの人々を惹きつける「ドット絵」。見ていても十分楽しいものですが、自分でも描いてみたいと思ったことはありませんか。もしドット絵を生み出すことに興味があるならば、このiOS/Androidアプリ『PixelTweet』は、第一歩を踏み出すのに最適な1本です。


この『PixelTweet』は、「楽々モノクロドット絵エディタ」です。パレットやレイヤー、選択ツールといった描画ツールの定番とも言える機能の数々は極力省かれており、難しい操作はありません。ドット絵に慣れた方にとっては少々物足りないかもしれませんが、本アプリは「ドット絵を打つ楽しさ」をひたすら目指しているのです。


ツールとしては珍しいスタイルとも言える『PixelTweet』ですが、早くも多くのユーザーがこのアプリに触れ、その手応えと楽しさを実感しています。しかも本アプリはドット絵を作成できるだけでなく、完成した作品を即ツイートすることも可能。作る楽しさだけでなく、見せる楽しさ、共有する楽しさも提供してくれます。


配信が始まってからまだ日は浅いものの、すでに1万ダウンロードを記録。『PixelTweet』を通じて、ドット絵の輪が今も広がり続けています。興味を持った方は、まず触れてみてはいかがでしょうか。


(C)2015 m7kenji / HANDSUM.inc
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

    世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  2. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

    【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  3. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  4. 『Ingress』で広島の平和公園に巨大折り鶴が描かれる ─ 8月6日の平和記念式典に向け

  5. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請…プレイ自体は禁止せず

  6. 「ポケモンGO Plus」発売延期、準備に遅れが生じる

  7. 『スマッシュドラグーン』サービス終了、『ソウルサクリファイス』チームが開発したアクションRPGが閉幕

  8. 【レポート】リアルつりびとが『ポケモンGO』片手に大海原へ!相模湾ポケモン生態調査

  9. JRなど鉄道事業者が『ポケモンGO』に関する要請書を提出…「鉄道施設内にポケモンが出現しないように」

  10. 『マーベル ツムツム』新ヴィランなどが登場する大型アプデVer.2.0.0配信開始、記念キャンペーンも

アクセスランキングをもっと見る

page top