人生にゲームをプラスするメディア

例の鍛冶職人、「ベルセルク」ガッツが鷹の団時代に愛用した大剣を再現

その他 全般

例の鍛冶職人、「ベルセルク」ガッツが鷹の団時代に愛用した大剣を再現
  • 例の鍛冶職人、「ベルセルク」ガッツが鷹の団時代に愛用した大剣を再現
  • 例の鍛冶職人、「ベルセルク」ガッツが鷹の団時代に愛用した大剣を再現
  • 例の鍛冶職人、「ベルセルク」ガッツが鷹の団時代に愛用した大剣を再現
  • 例の鍛冶職人、「ベルセルク」ガッツが鷹の団時代に愛用した大剣を再現
アニメやゲームなど、二次元の世界で活躍する武具などを制作している動画シリーズ「MAN AT ARMS」に、このたび新たな作品が登場しました。

TVアニメ「キルラキル」の「片太刀バサミ」といった最近のものや、アーロンの「太刀」に『アサシンクリード』の「ファントムブレード」といったゲームファンお馴染みの武器などを続々と生み出してきましたが、今回登場したのは「ベルセルク」の主人公・ガッツが鷹の団に在籍していた際に愛用した「大剣」です。

黒い剣士ことガッツと言えば、「それは剣というにはあまりにも大きすぎた」のフレーズでも知られている鉄塊の如き大剣が有名です。しかし、ガッツの青春時代であり、また全ての始まりとも言える鷹の団に所属していた時代も、本作を語る上では外せません。

そんな時代に彼が振るっていた非常に長い大剣を制作し、その製造過程をいつも通り映像に収録。長く煮えたぎる鉄の塊が徐々に形を整えていく流れは、何度見ても息を飲むばかり。そして熱い製造過程が終了すれば、こちらもすっかり恒例となった試し斬りの時間です。重さ、長さともに尋常ではないこの大剣が生み出す破壊力の凄まじさ、その目で直接お確かめください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=8Nwh8yWh5WU
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  6. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  10. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

アクセスランキングをもっと見る