人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告

ゲームビジネス 市場

【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
インディーパブリッシャーのtinyBuild GamesのMike Rose氏は「How YouTubers and Twitch Streamers Can Help Sell Your Games」(YouTuberやTwitchのストリーマーはどうゲームを売る手伝いが出来るか)と題した講演をGDC 2015の3日目に行いました。

Mike Rose氏は米国のゲーム業界紙Gamasutraの記者などを経てtinyBuildにジョインした経歴を持ち、メディア側とパブリッシャー側の2つの視点から、ゲームプロモーションの中で大きな地位を占めつつあるYouTubeやTwitchで活躍する実況プレイヤーについて語りました。

tunyBuild GamesのMike Rose氏


Rose氏はまず事例を用いながら実況プレイヤーの強さについて語りました。入国審査官をテーマにしたアクションゲーム『Papers,Please』や超高難度のアクションとして話題になった『Flappy Birds』らは実況プレイヤーに取り上げられてから人気が爆発的に広がったそうです。



さらに『Race The Sun』(NerdCubed)、『Skulls of the Shogun』(Big Russian YouTuber)、『10 Second Ninja』(TotalBiscuit)といった作品が実況プレイヤーに取り上げられる事で売り上げやダウンロードが大きく伸びたそうです(カッコ内は取り上げた実況プレイヤーの名前)。



また、tinyBuildのラン系横スクロールアクション『SpeedRunners』はメディアからのレビューは良かったものの伸び悩んでいたそうですが、実況プレイヤーによって取り上げられスパイクしたとのこと。本作は世界一の影響力とも言われるPewDiePieもプレイし、その日に歴代最高の売り上げを記録したそうです。

Rose氏はメディアとしてのTwitchの影響力を理解する必要があると言います。Twitchはゲーム専門の動画実況ちゃんねるとして同時接続100万人、月間アクティブユーザーは実に1億人という規模にまで成長しています。『League of Legends』『HearthStone』『Counter-Strike: Global Offensive』といった作品の興隆はTwitch抜きには語れません。



ではどのようにして実況プレイヤーにコンタクトをすれば良いのでしょうか? 全く新しいものではありませんが、Rose氏は「まずはメール」とアドバイスします。伝統的なメディアは毎日大量のプレスリリースが各社から届きます。しかし一般的な実況プレイヤーはそうではありません。メーカーからのコンタクトを真剣に考えてくれる余地があります。



また、実況プレイヤーがメーカーに望むものを調査したところ、「Steamのコード」「無料のダウンロード」が最も上位にきたそうです。まずは実際に触って良さを知ってもらうことを考えれば、無料でゲームを遊ぶ手段を提供するのに躊躇する必要はないでしょう。これはメディアに対する対応と同様です。

実況プレイヤーの側も他のプレイヤーに先んじて面白いゲームを探そうとしていると考えられ、メーカーとの利害は一致しています。同じアンケートで、どのように新作の情報を掴んでいるかという質問をしたところ「他の実況プレイヤーの遊ぶゲーム」「Steamの新作リスト」「YouTubeの広告」「メディアの記事」など一般的な答えが多かったそうで、ここをサポートする事にはニーズがありそうです。



実況プレイヤーに環境を整えるという意味では、自分たちのゲームがちゃんと録画できるかを確かめるのも大事だとRose氏は話していました。特殊な技術が使われている場合、きちんと録画が出来ない可能性もあります。また、モバイルの場合も録画手段が問題になります。

確実に取り上げて貰う為には実況プレイヤーに報酬を支払うという手段も考えられるとRose氏は述べました。デベロッパーの20%がこれを検討しているそうで、実際にtinyBuildはPewDiePieとはレベニューシェア(売り上げの折半)で話を進めたそうです。詳しい条件は明かされませんでしたが、「その価値はあった」とRose氏は振り返っています。

まずは気楽にメールをするところから初めては? というのがRose氏からの提案です。新しいコミュニケーション手段として注目されるゲーム実況ですが、まずは初めてみなければ何も起こりませんからね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

    【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  4. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  5. ジャレコをゲームヤロウが買収―買収金額は「1円」

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  8. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  9. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  10. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

アクセスランキングをもっと見る