人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告

ゲームビジネス 市場

【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
  • 【GDC 2015】実況プレイヤーはゲームの売り上げを伸ばすのか? インディーパブリッシャーの報告
インディーパブリッシャーのtinyBuild GamesのMike Rose氏は「How YouTubers and Twitch Streamers Can Help Sell Your Games」(YouTuberやTwitchのストリーマーはどうゲームを売る手伝いが出来るか)と題した講演をGDC 2015の3日目に行いました。

Mike Rose氏は米国のゲーム業界紙Gamasutraの記者などを経てtinyBuildにジョインした経歴を持ち、メディア側とパブリッシャー側の2つの視点から、ゲームプロモーションの中で大きな地位を占めつつあるYouTubeやTwitchで活躍する実況プレイヤーについて語りました。

tunyBuild GamesのMike Rose氏


Rose氏はまず事例を用いながら実況プレイヤーの強さについて語りました。入国審査官をテーマにしたアクションゲーム『Papers,Please』や超高難度のアクションとして話題になった『Flappy Birds』らは実況プレイヤーに取り上げられてから人気が爆発的に広がったそうです。



さらに『Race The Sun』(NerdCubed)、『Skulls of the Shogun』(Big Russian YouTuber)、『10 Second Ninja』(TotalBiscuit)といった作品が実況プレイヤーに取り上げられる事で売り上げやダウンロードが大きく伸びたそうです(カッコ内は取り上げた実況プレイヤーの名前)。



また、tinyBuildのラン系横スクロールアクション『SpeedRunners』はメディアからのレビューは良かったものの伸び悩んでいたそうですが、実況プレイヤーによって取り上げられスパイクしたとのこと。本作は世界一の影響力とも言われるPewDiePieもプレイし、その日に歴代最高の売り上げを記録したそうです。

Rose氏はメディアとしてのTwitchの影響力を理解する必要があると言います。Twitchはゲーム専門の動画実況ちゃんねるとして同時接続100万人、月間アクティブユーザーは実に1億人という規模にまで成長しています。『League of Legends』『HearthStone』『Counter-Strike: Global Offensive』といった作品の興隆はTwitch抜きには語れません。



ではどのようにして実況プレイヤーにコンタクトをすれば良いのでしょうか? 全く新しいものではありませんが、Rose氏は「まずはメール」とアドバイスします。伝統的なメディアは毎日大量のプレスリリースが各社から届きます。しかし一般的な実況プレイヤーはそうではありません。メーカーからのコンタクトを真剣に考えてくれる余地があります。



また、実況プレイヤーがメーカーに望むものを調査したところ、「Steamのコード」「無料のダウンロード」が最も上位にきたそうです。まずは実際に触って良さを知ってもらうことを考えれば、無料でゲームを遊ぶ手段を提供するのに躊躇する必要はないでしょう。これはメディアに対する対応と同様です。

実況プレイヤーの側も他のプレイヤーに先んじて面白いゲームを探そうとしていると考えられ、メーカーとの利害は一致しています。同じアンケートで、どのように新作の情報を掴んでいるかという質問をしたところ「他の実況プレイヤーの遊ぶゲーム」「Steamの新作リスト」「YouTubeの広告」「メディアの記事」など一般的な答えが多かったそうで、ここをサポートする事にはニーズがありそうです。



実況プレイヤーに環境を整えるという意味では、自分たちのゲームがちゃんと録画できるかを確かめるのも大事だとRose氏は話していました。特殊な技術が使われている場合、きちんと録画が出来ない可能性もあります。また、モバイルの場合も録画手段が問題になります。

確実に取り上げて貰う為には実況プレイヤーに報酬を支払うという手段も考えられるとRose氏は述べました。デベロッパーの20%がこれを検討しているそうで、実際にtinyBuildはPewDiePieとはレベニューシェア(売り上げの折半)で話を進めたそうです。詳しい条件は明かされませんでしたが、「その価値はあった」とRose氏は振り返っています。

まずは気楽にメールをするところから初めては? というのがRose氏からの提案です。新しいコミュニケーション手段として注目されるゲーム実況ですが、まずは初めてみなければ何も起こりませんからね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  6. 【CEDEC 2010】果たして3日間でゲームは作れるのか

  7. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  10. ゲームパッド搭載の超小型PC「GPD WIN」資金調達に成功!折りたたみ式で、十字キーやLRボタンも

アクセスランキングをもっと見る