人生にゲームをプラスするメディア

卒業式の定番ボカロ曲「桜ノ雨」が実写映画化! 公開は2015年予定

その他 全般

卒業式の定番ボカロ曲「桜ノ雨」が実写映画化! 公開は2015年予定
  • 卒業式の定番ボカロ曲「桜ノ雨」が実写映画化! 公開は2015年予定
  • 卒業式の定番ボカロ曲「桜ノ雨」が実写映画化! 公開は2015年予定
「初音ミク」を含め多くのソフトウェア音源の登場により、音楽活動がいっそう身近な存在となりました。その影響はネットを中心に大きく広まり、ボーカロイド曲というカテゴリーも生まれてたほどです。

そんなボカロ楽曲の中でも特に有名なもののひとつが、中高生の定番卒業ソングとなった「桜ノ雨」。歌声合成技術・応用ソフトウェアである「VOCALOID」を使用し、halyosy氏が2008年にニコニコ動画で発表した楽曲です。この「桜ノ雨」に関連する動画の再生数は、2500万超えを記録。ファン有志による合唱企画なども行われ、その人気ぶりの幅広さが伺えます。こうして注目を浴び続けた「桜ノ雨」は2009年・2010年春と合わせて、200を越える中高校の卒業式で高らかに唱われました。

今や数多くの人の思い出にも織り込まれている「桜ノ雨」ですが、このたび2015年公開予定の実写映画化が決定しました。高校生が選ぶ2013年卒業ソングランキングで3位(リクルート調べ)。2014年の音楽情報誌「CD&DLでーた」が実施した「日本人が思い浮かべる桜ソングランキング」アンケートで14位に選ばれ、国民的な卒業ソングとしても確立された「桜ノ雨」が、更なる展開を迎える形となります。

楽曲「桜ノ雨」をモチーフとした小説版「桜ノ雨」(PHP研究所 刊)が2012年に刊行されており、今回発表された実写映画化はこの小説版を基に進行するとのこと。小説ではVOCALOIDキャラの学園生活を軸とし、女子高生の未来(ミク)や、鈴(リン)蓮(レン)などが登場する合唱部を舞台に、学園の四季を綴る青春群像劇が描かれていました。この物語がどのような形で実写化するのか、実に楽しみです。

なお3月7日には、シリーズ最新刊となる「Fire◎Flower 君を好きでいられて良かった」(PHP研究所 刊)が発売されます。「桜ノ雨」の更なる世界に浸りつつ、実写映画の続報を楽しみにお待ちください。

■「桜ノ雨」楽曲制作・原作・原案:halyosy氏 コメント
今年も全国の学校で桜ノ雨は歌われるそうです。この曲を発表して7年が経ちました。最初の年に中学校で歌った方は今頃、大学生や社会人をされてるのでしょうか。

みんなで作り上げてきた桜ノ雨には、沢山の歴史があります。もう何が起きても驚かない! と思っていましたが、まさかの実写映画化。未だに信じられませんが、頂いた脚本を見る限りどうやら本当のようです。

「もしミクさんが高校生だったら…」という妄想から生まれた桜ノ雨がどんな映像となるか、一緒に楽しんで頂けたら幸いです。


(C)2015 halyosy・藤田遼・雨宮ひとみ/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会
Illustration by 優 (C) Crypton Future Media, INC.www.piapro.net .
Illustration by iXima (C) Crypton Future Media, INC.www.piapro.net .
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  2. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  3. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

    【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  4. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  5. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  8. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  9. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  10. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

アクセスランキングをもっと見る