人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み

ゲームビジネス 市場

【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
  • 【GDC 2015】スマホ版で集客、Steam版で収益化 カナダKitfox Gamesの取り組み
カナダはモントリオールに拠点を置くスタッフ4名の独立系デベロッパーのKitfox Gamesは、GDC 2015の二日目、同社がiOS/Android/Steamで展開する『Shattered Planet』に秘められた狙いについて講演しました。

『Shattered Planet』は元々はiOS/Androidで展開されてきた、基本プレイ無料アイテム課金というビジネスモデルのローグライクでしたが、後にSteamでプレミアムタイトルとしてリリースし、こちらが大きな成功を収めたそうです。



登壇したのは同社でプログラマーを務めるJongwoo Kim氏。最初のスライドでは、iOSやAndroidではストアのフィーチャーを受けるなどダウンロードは好調だったものの売上は伸びず、逆にSteamでは販売本数は1万本程度ですが、大半の収益を稼ぐに至ったことが報告されました。Steamでは定価15ドルとされていますが、セールも実施されていて、具体的には言及されませんでしたが、全体の売上は10万ドル(約1200万円)くらいが想定されるでしょうか。

プラットフォーム別の売り上げ


iOS/AndroidとSteamでの両展開は最初から戦略としてあったようで、Kim氏はプロジェクトの4つの狙いを紹介しました。(1)シンプルなUIで奥が深く繰り返し遊べるゲームプレイ (2)極力、両方のプラットフォームを共通化する (3)コミュニティを移動させる (4)素晴らしい移植にする[PCの本気のゲーム] という4つです。

そして、この4つの更に裏にはiOS/Androidでユーザー数を稼いでコミュニティ化し、それをバネにSteamでのリリースを行い、最終的には有料で購入してもらうという狙いがありました。スマホのユーザーが居たことでSteam Greenlightのプロセスにも優位に働いたといいます。リリース後も積極的にモバイルから誘導し、有料版の購入を促しました。

積極的にモバイルからユーザーを誘導


Steam版ではPCゲームとして品質を磨く一方、ゲームシステムやUIは極力スマホを引き継ぎ、ユーザーに違和感がないものとしました。また、課金システムを取り除いたことで、こうしたシステムを嫌うユーザーを取り込み、また、スマホで課金をしなかったユーザーから収益を上げることを可能としました。

Kim氏はこのプロジェクトは一定の成果を上げたと述べて、スマホでユーザー基盤を確率し、Steamで収益化するという方法は今後も考えられるとしました。一方、同社では次のプロジェクトとしてPC/PS4/PSVitaのマルチプラットフォームである『Moon Hunters』を製作中。こちらも異なるプラットフォーム間での展開の例としてどのような手法を取っていくのか注目です。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  8. コーエーテクモゲームス「TGS2016」出展決定、出展タイトルを公開―開催期間中ステージ中継やオリジナル番組も配信

  9. ブシロード、東京ゲームショウ2016に出展!『スクフェス』勧誘体験や新規タイトル情報を公開予定

  10. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

アクセスランキングをもっと見る

page top