人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

ゲームビジネス 市場

【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
  • 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?
熾烈な競争が繰り広げられているスマホゲーム市場で一歩先んじる為に重要視されているのがApp StoreやGoogle Playにおける露出です。いずれのアプリストアもスタッフによるレコメンドがあり、特にトップへのフィーチャーは大きくダウンロードを伸ばしてくれます。

開発者向けの解析ツールを提供するGame AnalyticsのTom Kinniburgh氏が「Featured on the App Stores - An Indie Guide」と題した講演を行いました。

Kinniburgh氏は、マクドナルドが1967年に販売を開始し、今に至るまで同社の主力となっている「ビックマック」にその秘訣はあると冒頭に述べました。強烈なインパクトとユニークなテイスト。数万のゲームの中で勝ち残る為にはユニークである必要があるということです。

App StoreやGoogle Playでフィーチャーされるためにはユニークであることの他にも幾つかデベロッパーとして出来る事があります。

ゲーム開発においては「ユニークなゲームプレイ」「強力なブランド」「スタイリッシュさ」がフィーチャーされるポイントになるとKinniburgh氏は考えているそうです。例えば初期のヒット『Cut the Rope』にはタッチ操作で斬るというスマホを活かしたユニークな遊びがありました。ブランドは強力にユーザーを惹きつけるため、フィーチャーする動機になります。デザインでも、iOSのフラットデザイン、Androidのマテリアルデザインのようにプラットフォーマーが望むデザインを採用することは重要ではないかとしました。

フィーチャーされるのに必要な要素最近フィーチャーされたアプリ


申請プロセスも開発者がコントロール可能な要素です。一般的に、ゲームユーザーに訴求するために重視されるポイントと同様に、適切で意味のあるアイコンを採用すること、ゲームプレイを上手く伝えるビデオを用意することは重要です。また、スクリーンショットやアートワークもゲームの魅力を簡便に伝えるものである必要があります。

アイコンの重要性は変わらないスクリーンショットも適切にゲームを紹介する


申請を出した後はプラットフォーマーの選択に委ねられるわけですが、ここでも知っておくべき事はあります。まずは、どのような形のフィーチャーが有り得るかということです。App Storeではトップのバナーで紹介されるものの以外に、複数のアイコンが並ぶ「ベスト新着ゲーム」のような枠があり、さらに季節のオススメのようなコーナーも時おり登場します。Kinniburgh氏は「イベントキュレーション」と呼んでいましたが、ワールドカップのような巨大イベントに合わせてサッカーゲームがフィーチャーされるような事は頻繁にあり、季節やイベントには着目しても良さそうです。

アプリストアの構造イベントで取り上げるケースもある


Kinniburgh氏はフィーチャーを受けたいと思うなら、適切なタイミングに、バグがないゲーム、きちんと素材を準備してリリースする必要があると述べました。また、アプリストアは国の数だけあり、きちんとローカライズを行うことで可能性が広がるとしました。

フィーチャーは各国ごとにコントロールされ、デベロッパーとプラットフォーマーの関係も関わる部分ですが、まずはプラットフォーマーが自社のユーザーにオススメできるような良質なゲームを作るということが求められそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  6. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  7. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  8. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る

page top