最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
米セガ元CEO、かつてのライバル任天堂のマーケティング戦略について語る

米セガ元CEO、かつてのライバル任天堂のマーケティング戦略について語る

2015年2月25日(水) 21時00分
  • 米セガ元CEO、かつてのライバル任天堂のマーケティング戦略について語るの画像
    米セガ元CEO、かつてのライバル任天堂のマーケティング戦略について語る

セガ オブ アメリカの元CEOであるTom Kalinske氏が、任天堂のマーケティング戦略について海外メディアのインタビューで語っています。

Kalinske氏は1990~1996年までセガに在籍しており、その間、アンチ任天堂広告やプライスダウン、”Sega Scream”TVキャンペーンなど、アグレッシブなマーケティング戦略を展開してきた人物です。

自身の保有するiPhoneやiPadで任天堂タイトルをプレイしてみたいと思っていることを明かすKalinske氏ですが、同時に同社はコンソールビジネスを続けるべきだと考えているようです。

「任天堂はIPを拡大する部門を持っておらず、彼ら自身のセンスによるマーケティング形態を形成している」と説明するKalinske氏、 それは莫大な利益を得ることを必要とせず、古くからのファンも含め、ユーザーと共にブランドを維持していくものだとしています。

そして、一見マーケティング戦略を間違っているように思えるこの方法で任天堂はうまくやってきており、これからもそれを貫くべきだとコメントしました。

(Article written by 菜種)
評価の高いコメント
  • 2015年2月26日 17:30:21 ID: F8pJnaTLxsxH
    1 ligxさん
    通報する

    任天堂という会社はユーザーにとってどんなに遠くても近く感じる。
    そんな任天堂であるなら私はついていきます。
    この記事は、わかってらっしゃる。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング