人生にゲームをプラスするメディア

「レベルファイブスタジアム」に『妖怪ウォッチ』登場!サッカーを多くの子どもたちに知ってもらうきっかけに

その他 全般

「レベルファイブスタジアム」に『妖怪ウォッチ』登場!サッカーを多くの子どもたちに知ってもらうきっかけに
  • 「レベルファイブスタジアム」に『妖怪ウォッチ』登場!サッカーを多くの子どもたちに知ってもらうきっかけに
レベルファイブは、ネーミングライツ契約を行っている「レベルファイブスタジアム」において、『妖怪ウォッチ』のビジュアルを展開していくと発表しました。

『妖怪ウォッチ』は、レベルファイブが手掛けるゲームを原作とするクロスメディアプロジェクトです。ゲーム最新作『妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打』は累計販売本数550万本を突破。テレビアニメや劇場版アニメ、関連玩具なども軒並み大ヒットを記録し、子どもたちを中心に社会現象とも呼べる大旋風を日本中で巻き起こしています。

そんな『妖怪ウォッチ』が、Jリーグ「アビスパ福岡」のホームグラウンドである「レベルファイブスタジアム」においてビジュアル展開。スタジアムに設置された案内ボードなどに「ジバニャン」や「コマさん」をはじめとする妖怪たちが登場します。



レベルファイブは、サッカーをより多くの子供たちに知ってもらう一助となり、将来のサッカー界を牽引するような選手の発掘・育成に繋がってほしいという思いのもと、「市民の皆さんには直接レベスタに足を運んでいただき、ホームゲームと『妖怪ウォッチ』の両方の熱狂と感動を体験していただければ幸いです」とコメントしています。

レベルファイブスタジアムに足を運んだ際は、『妖怪ウォッチ』のキャラクターたちにもぜひ注目してみてください。

(C)Fukuoka City.All Rights Reserved. (C) LEVEL-5 Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

    「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  6. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  7. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  8. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  9. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  10. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

アクセスランキングをもっと見る