人生にゲームをプラスするメディア

『モンスターハンター4G』世界累計出荷本数が300万本を突破

任天堂 3DS

『MH4G』が世界300万本出荷を突破
  • 『MH4G』が世界300万本出荷を突破
  • 『モンスターハンター4G』タイトルロゴ
カプコンは、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4G』の世界累計出荷本数が300万本を突破したと発表しました。

『モンスターハンター4G』は、人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』のナンバリングシリーズ最新作です。2013年発売の3DSソフト『モンスターハンター4』の続編として登場。世界観やゲーム性はそのままに、“ハンター”としての更なる高みを目指す「G級クエスト」の収録はもちろん、新モンスターや新アクションなど、“G”ならではのさまざまな要素が追加されています。

欧米では『Monster Hunter 4 Ultimate』のタイトルで2015年2月13日に発売され、本作の世界累計出荷本数が300万本を突破しました。『モンスターハンター』シリーズの累計販売本数は2015年2月16日時点で3,200万本を突破しています。

シリーズでは約2年ぶりの海外展開として、更なるユーザー層の拡大を図って発売された欧米版。近距離だけでなく、インターネットを通じたオンライン協力プレイなどのコミュニケーション機能の充実は欧米のユーザーからも好評を博しています。また国内では、「モンスターハンターフェスタ’15」や、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催中の「モンスターハンター・ザ・リアル 2015」といったユーザー体感型のイベント展開に加え、継続的なテレビCMの放映などの販促活動が奏功し、販売本数が伸長したとしています。

『モンスターハンター4G』は好評発売中。価格はパッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が5,549円(税抜)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

    ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  4. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  5. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  6. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  7. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  8. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『スーパーマリオブラザーズ』スピードラン世界記録が0.167秒更新、達成者の限界到達

アクセスランキングをもっと見る