人生にゲームをプラスするメディア

【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル

その他 アーケード

【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル
  • 【JAEPO 2015】スクエニ新作『DISSIDIA FINAL FANTASY』発表ステージレポ―アーケードのリッチなグラフィックで歴代キャラがバトル

2月14日に幕張メッセで開催されたJAEPO2015でスクウェア・エニックスの新作アーケードゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)』が発表されました。本作はPSP専用のアクションゲームと同じタイトルですが、完全新作として開発中です。1対1の対戦アクションから3対3のバトルに変化。登場キャラクターは歴代のFFから参戦し、グラフィックスは大きく進化しています。

謎につつまれた発表会では開幕前からFFの序曲がかかっていました。そのため、多くの来場者はFFの新作発表かと期待に胸をふくらませていました。プレゼンターは司会の荒川氏と声優の櫻井孝宏氏。まずは全世界初お披露目のトレーラーが公開されました。



トレーラーにはゲームでのバトルシーンが収められており、歴代のキャラクターたちが派手なエフェクトの中で戦っている様子が見れます。確認できた登場キャラクターは、初代FFのウォーリア・オブ・ライト、ティナ、クラウド、ライトニング、さらにFF14から新キャラクターとしてヤ・シュトラ。歴代の主人公クラスのキャラクターが参戦している模様です。



トレーラー発表の後、前作の『DISSIDIA FINAL FANTASY』が振り返られました。前作は対戦格闘ゲームにRPG的要素を組み合わせた内容。『キングダムハーツ』の野村哲也氏がプロデューサーをつとめ、全世界で累計190万本のヒット。2年後に発売された続編『DISSIDIA 012』も80万本を売り上げています。櫻井氏は前作でクラウドのボイスを担当。当時、ファイナルファンタジーの作品にボイスが付けられることが珍しかったため、衝撃的だったそうです。今回もクラウドは登場する予定で、櫻井氏はすでにいくつかのボイスを吹き込んだそうです。



最後に司会から開発者からの新情報が読み上げられました。本日発表したの『DISSIDA』は前作とは世界観もバトルシステムも一新された新作の扱いとのこと。紹介されたウォーリア・オブ・ライトのキービジュアルは実際のゲームで使用されるモデルであり、特に鎧がボロボロであるのが特徴だそうです。その理由はまだ明かせられないそうですが、アクションゲームということで物理演算によるリアルタイムの破壊エフェクトが予想されるます。

次なる情報は4月10日に開かれる発表会で明かされる模様。そちらでは開発スタッフがゲームを紹介します。ユーザーも招待されるそうなので楽しみお待ちしてくださいとのこと。発表された情報は少ないですが、3対3の対戦ゲームということで通常の格闘ゲームとは異なった内容が期待されます。グラフィクスも新世代のエンジンを利用したリッチなもの。続報が待ち遠しいです。
《今井晋》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

    『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  3. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  4. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  5. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  6. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

アクセスランキングをもっと見る