人生にゲームをプラスするメディア

「ソーシャルゲーム検定」正式版リリース、適性あるテストエンジニアを見極めることが可能

ゲームビジネス 人材

gloops
  • gloops
SHIFTは、ゲーム業界に特化したテスト適性検定「ソーシャルゲーム検定(ソシャ検)」をリリースします。

ソシャ検は、gloopsの全面協力のもと、同社ゲームタイトルを題材としたテストが出題されるゲーム検定です。正式版では、75分間で40問の問題に回答。2013年にSHIFT独自にβ版が開発され、蓄積されたテストスコアと現場での個々のパフォーマンスにより、テスト問題が精査されています。

「ソシャ検」を活用することで、日ごろからゲームを頻繁にプレイしている数多くのテストエンジニア希望者の中から、ゲームに対するリテラシーが高く、初見のゲームに対しても仕様理解が早い人材を見極めることが可能になります。「ソシャ検」で高得点を獲得する方は、そのゲームに対するリテラシーの高さゆえに、テスト対象のゲームおける「面白さ」や「課金したくなるポイント」、逆に「他のゲームと比べて劣っている箇所」「離脱点」を指摘できる方が多くいるとのこと。

そういったテスターを採用することで、テスト開始時の個々の立ち上がりスピードが圧倒的に高まり、テストケースあたりの生産性が向上した結果、工数削減と工期全体の短縮が可能になるだけでなく、より早期での不具合検出が可能となります。その結果、コスト削減だけでなく製品リリースの遅延リスクを大幅に軽減にすることに繋がるということです。

SHIFTは、「ゲーム業界ではまだまだプレゼンスの低い品質保証、ソフトウェアテスト業務の重要性を啓蒙し続けるとともに、ソフトウェアの品質保証業務に携わる全ての方々の地位向上も目指し、邁進して参ります。」とコメントしています。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  6. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  7. ブシロード、東京ゲームショウ2016に出展!『スクフェス』勧誘体験や新規タイトル情報を公開予定

  8. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  9. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  10. 『テトリス』や『ドンキーコング』の作曲家が逝去、ゲーム音楽業界に大きな貢献残す

アクセスランキングをもっと見る

page top