人生にゲームをプラスするメディア

【闘会議2015】「任天道場」の挑戦事項まとめ!挑む前にチェックしよう

任天堂 Wii U

「任天道場」受付入り口。
  • 「任天道場」受付入り口。
  • アナログゲーム「闘会議式神経衰弱」
  • アナログゲーム「闘会議式クイズ大会」
  • 道場裏では、マリオや『スーパーマリオブラザーズシリーズ』への寄せ書きエリアもあった。


「闘会議2015」の任天堂ブースでは、デジタル・アナログ問わずゲームの腕前を競う場「任天道場」が催されています。参加登録をすれば、誰でも「道場破り挑戦」を行うことができ、成績に応じて記念品や道場主への挑戦などができます。

◆「道場破り挑戦」の内容


挑戦するできるゲームは、以下の通りです。

【デジタル】※この中から2つに挑戦!
■つなげ兄弟の絆!ブラザーズリレー
■MUTECITY 最速決定戦
■レスラー会見対戦

【アナログ】※どちらか1つに挑戦!
■闘会議式クイズ大会
■闘会議式神経衰弱


◆「道場主への挑戦」の内容


デジタル2つ、アナログ1つ、計3つのゲームを優秀な成績で打ち破った挑戦者は、道場主と直接対決ができます。
道場を守る道場主は3人おり、この中から1名を指名して挑戦することになります。

・『Dr.MARIO&細菌撲滅』の道場主
・『ジョイメカファイト』の道場主
・『将棋崩し』の道場主。

見事道場主を打ち破ると、任天道場オリジナルのNewニンテンドー3DSきせかえプレートがプレゼントされます。参加賞や各ゲームのお題をクリアした数によるプレゼントもあります。





早朝から大盛況のブース!参加希望者は早めの登録を!




なお、「道場破り挑戦」は、参加人数に制限があります。受付は、開場後に先着順で行っていたので、直後から大勢の挑戦者で賑わっていました。31日(土)は午前11時の段階ですでに受付を終了していたので、参加希望者は早めに登録をしておきたいですね。
《まいたこ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  7. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top