人生にゲームをプラスするメディア

コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート

その他 アーケード

『ポッ拳』ロケテ
  • 『ポッ拳』ロケテ
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート


バンダイナムコゲームスは、アーケードゲーム『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』のロケーションテスト(以下ロケテ)を1月30日~2月1日の3日間、namcoラゾーナ川崎店とnamco梅田店で実施します。



インサイドでは、ロケテ初日となる1月30日のnamcoラゾーナ川崎店を取材。筆者が到着した時には整理券配布が終了しており、早くも長蛇の列が。残念ながらプレイすることはできませんでしたが、現地で配布されたパンフレットと参加者の感想をもとに、基本システムなどをお届けします。

◆基本システム




アーケードゲームではありますが、コンシューマーゲーム機に似たコトンローラーを使用します。そのためプレイ感覚はアクションゲームに近く、カメラ操作を必要としないため、『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』をプレイする感覚に近いかもしれません。



バトルの特徴としては、特定の行動を取る事で操作や動きが変わる「フェイズ」と呼ばれるシステムが採用されています。フェイズには2種類あり、特定の攻撃を当てると、近距離攻撃特化の「デュエルフェイズ」へ。その後、一定以上攻撃がヒットすると、遠距離攻撃特化の「フィールドフェイズ」に交代します。



また、攻撃は「通常攻撃→つかみ攻撃→ブロック攻撃→通常攻撃」という3すくみになっており、フェイズによる“バトルスタイルの切り替え”と“攻撃の読み合い”がバトルを熱くしそうです。

この他のシステムとしては、一定時間パワーアップする「共鳴バースト」、共鳴バースト中に1度だけ使える強力な攻撃「バーストアタック」、複数のポケモンから選べる「サポートポケモン」というシステムを確認することができました。

詳しくは次のページでご紹介します。

《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

    【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

  2. 「機動戦士ガンダム00」トランザムライザーがパーフェクトグレードで登場─TV放送10周年を記念して

    「機動戦士ガンダム00」トランザムライザーがパーフェクトグレードで登場─TV放送10周年を記念して

  3. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』初心者向けテクニックに注目集まる―『ポケモンGO』最新アップデートや『ストII』に関する驚きの発見も話題に

    【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』初心者向けテクニックに注目集まる―『ポケモンGO』最新アップデートや『ストII』に関する驚きの発見も話題に

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】倉庫から赤ちゃんの泣き声が…

  5. 「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」2017年7月テレビ放送決定

  6. 映画「GODZILLA」全3部作で劇場公開決定 主人公・ハルオ役は宮野真守

  7. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  8. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  9. 「ガンダム」「ガルパン」など人気作だらけのバンダイナムコブースは常に活況!

  10. 「Fate/Grand Order」舞台化決定!アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも

アクセスランキングをもっと見る