最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかに

PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかに

2015年1月30日(金) 01時09分

バンダイナムコゲームスは、PS Vita専用ソフト『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』の最新情報を発表しました。

現在好評を博して放送しているTVアニメのゲーム化となる『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』は、ドラゴンと戦うヒロインたちの物語を、ゲームオリジナル主人公を交えて描くドラマチックシューティングアクションです。


パラメイルを駆ってドラゴンとの戦いに挑むプレイヤーは、少女たちで構成された部隊、「第一中隊」に配属された新兵。ヒロイン達の運命に翻弄されながら、共に戦い、時には対立しながらも、日々を力強く生き抜くことに。どのヒロインと運命を共にし、戦場を戦い抜くか。それらは、プレイヤーの行動と決断次第になります。

◆「ノーマ」として戦場で生きる少女たちの物語



人類が手に入れた高度に進化した情報技術「マナ」。その画期的な力により、戦争、食料、エネルギー等の諸問題は解消され、人類は理想郷とも呼べる平和な生活を手にしていた。その一方で、稀に生まれるマナの不適合者は、マナを扱える者たちから「ノーマ」という蔑称で呼ばれ非人道的な差別を受けていた。

ノーマと認定された者は、絶海に浮かぶノーマ収容施設「アルゼナル」に送られる。そこは、世界の平和を脅かす巨大攻性生物「ドラゴン」と戦うための軍事基地でもあった。ノーマはそこで、死ぬまでドラゴンと戦う運命を義務づけられるのである。


ドラゴンに唯一対抗しうる機動兵器「パラメイル」を操る「メイルライダー」としてパラメイル第一中隊に配属された主人公。しかし初めての機体テストの最中に想定外のドラゴンと遭遇、墜落して意識不明になってしまう。彼女が再び目覚めた時、メイルライダーとして新しく配属された「アンジュ」のせいで隊の雰囲気は最悪、空中分解寸前に陥っていた。


「生き延びるため仲間の力を合わせなければ…」そう思い彼女はドラゴンとの激しい戦いの合間を縫って、主人公はアンジュと仲間を取り持つためにアルゼナルを駆け巡る。彼女の想いは、どんな未来に繋がるのだろうか――。

◆主人公・「借金王」の少女 “ナオミ”(CV:原紗友里さん)



アルゼナルの幼年部を卒業し、第一中隊に配属された新人メイルライダー。ココやミランダとは幼年部の同期だった。とある事情で莫大な借金を背負わされ、その返済のために日夜アルゼナルを駆け回っている。

生き延びるために仲間同士で協力することを信条とし、時には衝突しながらも第一中隊の人間関係の改善を目指していく。

◆ヒロイン


アルゼナルで、ナオミが所属することになる「第一中隊」のメンバー。曲者揃いでチームワークはボロボロ…。はたしてナオミはチームをまとめて、ヒロインたちと共に生き残ることができるのか?

■アンジュ

ミスルギ皇国の第一皇女「アンジュリーゼ」として国民から愛されていたが、ノーマだと発覚し、身分と名前をはく奪。ドラゴンと戦う一兵士「アンジュ」へと転落する。皇女として育てられたためプライドが高く、頑固者。基地内ではことあるごとに周りと衝突する。

■サリア

パラメイル第一中隊の副長。勤勉で真面目な性格。優秀な兵士だが教科書通りの行動しか取れず、咄嗟の状況に対応できずテンパることもしばしば。秘密の趣味を持つ。

■ヒルダ

パラメイル第一中隊の突撃兵。ゾーラ隊長のお気に入りで、実力は隊の中でも一、二を争う。皮肉屋で野心家、デキる新入りのアンジュが気に食わず、敵対する。

■ヴィヴィアン

パラメイル第一中隊の突撃兵。戦闘時には驚異的な戦闘テクニックを見せる隊のエースだが、本性は朗らかで明るい少女。クイズが趣味で、くだらないクイズを出しては相手を勝手に友達認定する。

■ロザリー

パラメイル第一中隊の軽砲兵。大した実力は無いが、力ある者に付き従うことで今までなんとか生き残ってきた。一人で撃墜スコアを伸ばすアンジュが気にくわない。

■エルシャ

パラメイル第一中隊の重砲兵。戦闘よりも料理が得意で、多くの子供達からも慕われている。第一中隊にとってはおふくろさんの様な人。怒らせると誰よりも怖い。

■クリス

パラメイル第一中隊の重砲兵。陰気で人見知りで引っ込み思案なネガティブ少女。常にヒルダやロザリーの後ろに隠れ、ひっそりと生きている。

◆『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』概要


■ゲームサイクル

プレイヤーは主人公ナオミとなり、過酷なアルゼナルの日々を生き抜き、仲間の信頼を勝ち得ていきます。ドラマパートでは、アニメの物語をベースにナオミの視点で新しいドラマが展開。バトルパートでは、様々な指令の基にドラゴンとの戦いに挑んでいきます。そして戦闘で稼いだ報酬で機体をカスタマイズし、更なる戦いへと挑んでいきます。

■ドラマパート

ドラマパートでは、テキストアドベンチャーで物語が進行。プレイヤーはヒロインたちと共に、辺境基地アルゼナルで日常生活を送っていきます。自由行動を行える一定時間内で、様々なイベントをこなすことで信頼度が変化し、戦場で力を貸してもらえるようにしていきます。一定の信頼度が貯まると特殊イベントが発生、どのヒロインとコミュニケーションを取るかで物語に変化が生じていきます。

■バトルパート

バトルパートでは、飛翔形態・駆逐形態を持つ「パラメイル」を操縦し、ドラゴンと戦っていくシューテイングアクションが展開します。ドラマパートで築き上げたヒロインたちとの信頼によって様々なサポートを受けることができます。


ドラゴンの種類や倒し方で報酬が変化するので、上手くアクションをこなし、ドラゴンを大量に倒して“高額報酬”を狙ったり、ヒロインから提示された条件でボス敵を倒して“信頼”を得たり、戦い方はプレイヤー次第。様々なミッションをこなして報酬や信頼を手に入れていきます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』は、2015年春発売予定。価格は未定です。

(C)SUNRISE/PROJECT ANGE
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.

  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
  • PS Vita『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド) tr.』続報!バトル・ドラマパートの詳細が明らかにの画像
(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

ソニーアクセスランキング