人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」

モバイル・スマートフォン iPhone

【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
  • 【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」
『ファイナルファンタジー』を始めとする様々なRPGを手がけてきた伝説的なゲームデザイナーである坂口博信氏。同氏が現在手掛けるのはスマートフォン向けのRPG『テラバトル』ですが、家庭用ゲーム機版についても前向きな発言がありました。



台湾の大手ゲームメディア「バハムート」のステージに登壇した坂口氏は、『テラバトル』で行っているダウンロード数に応じて様々な公約がされている「ダウンロードスターター」で、「コンシューマー版の開発開始」を定めた200万ダウンロードが間近となっている事について次のようにコメントしました。

「最初は200万も行くとは思わず、軽い気持ちで書いたのですが、台湾でもサービスが始まりますし、200万を突破したらやらなきゃいけないと思っています。まだ固まったアイデアは無いのですが、約束ですので、楽しいものを作りたいですね。」

『テラバトル』の中文版は4月からサービス開始が決定。坂口氏は「既に日本語版を楽しんでいただいている方が沢山いらっしゃって嬉しい限りですが、改めて開始となりますので是非楽しんで欲しいです」とコメント。「様々なアイデアがあり、1年後には今よりリッチで楽しめる進化した『テラバトル』をお見せできるようにしたい」と今後の更新についても期待を持たせました。

また、今後はコラボなども登場するかもしれません。「『テラバトル』ではまだコラボはやっていないのですが、自分自身は30年近くゲームを作ってきて、色々な交流がありますので、『テラバトル』らしいちょっと変わったコラボができればと思っています」(坂口氏)。また、アニメや漫画化などについても「話があればやりたい」と前向きな姿勢を見せました。

坂口氏はアップデートで進化していくスマホゲームを楽しんでいる様子。ゲーム開発についても「少人数でやっているので、ミーティングというよりは飲みながら喧嘩をしながら、3日に1回くらいは熱くなってワイングラスを割ってしまうような楽しい開発をやっています」と話してくれました。



10年前に手掛けた『ブルードラゴン』や『ロストオデッセイ』でも台湾でのリリースを経験したという坂口氏。台湾のユーザーは熱く、ゲームに対する愛情を感じると語りました。ステージの終了後には、ユーザーがステージに駆け寄ってサインを求める場面も。快く応じた坂口氏は表情を緩ませていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. TGSで『スクフェス』ステージイベント実施! Aqoursキャスト陣登場…重大発表も

    TGSで『スクフェス』ステージイベント実施! Aqoursキャスト陣登場…重大発表も

  2. 『オルサガ』新章配信開始! URレアリティ「ニーナ」「モーリス」新登場

    『オルサガ』新章配信開始! URレアリティ「ニーナ」「モーリス」新登場

  3. 【げむすぱ放送部特別企画】『シャドウバース』「風林火山!しゃどばす大戦」開催

    【げむすぱ放送部特別企画】『シャドウバース』「風林火山!しゃどばす大戦」開催

  4. 「XFLAG PARK2016」9月25日開催決定!『モンスト』のライブイベントや会場限定グッズ情報も

  5. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  6. 全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

  7. 『ディシディア』シリーズ最新作はRPG! スマホ向け『FF オペラオムニア』2016年配信

  8. 金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

  9. アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表!3人オンラインマルチプレイ対応ACT

  10. サバイバル経験ゼロの“黒髪ロングJK”を生き延びさせ、無人島からの脱出を目指すスマホゲームが配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top