人生にゲームをプラスするメディア

PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

ゲームビジネス 開発

『幻想の輪舞』テーマ
  • 『幻想の輪舞』テーマ
  • 『幻想の輪舞』テーマ
  • 『幻想の輪舞』スクリーンショット
  • 『幻想の輪舞』スクリーンショット
グレフとメディアスケープは、グレフが商標権・著作権を所有する『旋光の輪舞』に関し、ライセンス許諾契約を締結したことを発表しました。

以前にメディアスケープは、PS4/PS Vitaにて同人ゲームをリリースする「Play,Doujin!」というプロジェクトを立ち上げました。そのプロジェクトでは、「東方Project」の同人ゲームなどが登場することになっているのですが、そのうちの一つである『幻想の輪舞』のテーマが、グレフの『旋光の輪舞』の商標権ならびに著作権を侵害していることが発覚しました。

同人ゲームにおいては、ファン活動として既存のゲームタイトルに類似した作品が登場することもままあり、「Play,Doujin!」で登場するタイトルや、それ以外の作品も例外ではありません。『幻想の輪舞』においては、タイトルはもちろんゲームシステムにも類似が見られます。

そのため、グレフはメディアスケープ窓口に通告。『幻想の輪舞』テーマは配信停止措置が行われ、両社で協議が行われた結果、同人ソフトとして発売済みのPC版『幻想の輪舞』を廃盤にすることにより、PlayStationプラットフォーム上で『幻想の輪舞』の配信が行えるよう、ライセンス許諾契約が締結されることになりました。

また、グレフ公式ブログによると、グレフの代表取締役社長である丸山博幸氏は、以前から同タイトルが同人ソフトとして発売されていることを認識しており、その段階では個人のファン活動として行われているため黙認していたとのこと。しかし、今回は法人としての活動であったため、メディアスケープ側に連絡を行うことになりました。

丸山氏は、「Play,Doujin!」がグレーなアマチュア活動をプロへ変える登竜門的なものになりうる企画だと考え、それを応援するため権利関係をクリアにする先例になろうと考えたとのこと。

なお、グレフはメディアスケープが通告後速やかに配信停止を行ったこと、『旋光の輪舞』の権利を全面的に認め謝罪を行ったことなどを踏まえ、その姿勢を高く評価。「Play,Doujin!」プロジェクトに理解と共感を示す形で、ライセンス許諾を締結することに同意しました。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  2. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  3. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  4. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  5. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  6. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

アクセスランキングをもっと見る

page top