人生にゲームをプラスするメディア

PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

ゲームビジネス 開発

『幻想の輪舞』テーマ
  • 『幻想の輪舞』テーマ
  • 『幻想の輪舞』テーマ
  • 『幻想の輪舞』スクリーンショット
  • 『幻想の輪舞』スクリーンショット
グレフとメディアスケープは、グレフが商標権・著作権を所有する『旋光の輪舞』に関し、ライセンス許諾契約を締結したことを発表しました。

以前にメディアスケープは、PS4/PS Vitaにて同人ゲームをリリースする「Play,Doujin!」というプロジェクトを立ち上げました。そのプロジェクトでは、「東方Project」の同人ゲームなどが登場することになっているのですが、そのうちの一つである『幻想の輪舞』のテーマが、グレフの『旋光の輪舞』の商標権ならびに著作権を侵害していることが発覚しました。

同人ゲームにおいては、ファン活動として既存のゲームタイトルに類似した作品が登場することもままあり、「Play,Doujin!」で登場するタイトルや、それ以外の作品も例外ではありません。『幻想の輪舞』においては、タイトルはもちろんゲームシステムにも類似が見られます。

そのため、グレフはメディアスケープ窓口に通告。『幻想の輪舞』テーマは配信停止措置が行われ、両社で協議が行われた結果、同人ソフトとして発売済みのPC版『幻想の輪舞』を廃盤にすることにより、PlayStationプラットフォーム上で『幻想の輪舞』の配信が行えるよう、ライセンス許諾契約が締結されることになりました。

また、グレフ公式ブログによると、グレフの代表取締役社長である丸山博幸氏は、以前から同タイトルが同人ソフトとして発売されていることを認識しており、その段階では個人のファン活動として行われているため黙認していたとのこと。しかし、今回は法人としての活動であったため、メディアスケープ側に連絡を行うことになりました。

丸山氏は、「Play,Doujin!」がグレーなアマチュア活動をプロへ変える登竜門的なものになりうる企画だと考え、それを応援するため権利関係をクリアにする先例になろうと考えたとのこと。

なお、グレフはメディアスケープが通告後速やかに配信停止を行ったこと、『旋光の輪舞』の権利を全面的に認め謝罪を行ったことなどを踏まえ、その姿勢を高く評価。「Play,Doujin!」プロジェクトに理解と共感を示す形で、ライセンス許諾を締結することに同意しました。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. バンダイナムコ、アジア地域の組織再編

  6. 【台北ゲームショウ2016】台湾ナンバーワンのMadheadが贈る新作『時空之門』は日本でも配信予定

  7. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  8. 【台北ゲームショウ2016】「ブラウザゲームはまだ終わっていない」日本のプラットフォーマーが世界に挑むーDMM.com林氏独占インタビュー

  9. 2016年はスマホゲームの第2ラウンド、生き残りをかけてひたむきに開発を続ける/セガゲームス秋山隆利氏インタビュー(後編)

  10. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

アクセスランキングをもっと見る

page top