人生にゲームをプラスするメディア

iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは

モバイル・スマートフォン iPhone

iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは


24Frameが、iOSアプリ『サバイバールPG』をリリースしました。

『零 濡烏ノ巫女』のゲームデザインや『レイトン教授と悪魔の箱』のシナリオなど、様々なタイトルに関わり幅広く活躍する24Frame。その実績や経験を活かし、「現代的な刺激のあるゲームデザインを持ったゲームを作りたい」との考えから制作に臨んだのが、『サバイバールPG』です。

本作は「ゲーム実況」をゲーム性として取り入れた個性的なタイトルとなっており、実況に関わるシステム(その一部を特許出願中)を用いた技術的な角度からも、独自のプレイ感覚を味わえる一作となっています。

絶海の孤島を舞台に、他のプレイヤーや巨大なボスと壮絶な戦いを繰り広げ、生き延びたサバイバル日数を競う本作。しかもボスとのバトルは、闘う自分の晴れ姿が世界に向けて自動的に実況されます。



「新たなゲーム実況体験」を味わえる、ユニークさと斬新さを併せ持つ『サバイバールPG』。その魅力を実感するには、まず体験してみるのが一番の近道かもしれません。気になる方は、早速始めてみてはいかがでしょうか。

◆おはなしと出るモノ


陸の孤島に閉じ込められた主人公は、ヒツジ教官と呼ばれる男に謎の首輪をつけられ、生き残りを賭けたサバイバルゲームを強要される。

スミツキと呼ばれる原住民とは?
かつて存在したというニンゲンとは?
島からの脱出を目指して、1000日生き残れるか!?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『サバイバールPG』は配信中で、基本無料のアイテム課金制です。

(C)24Frame ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 神戸市が『ポケモンGO』への対応を発表…プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

    神戸市が『ポケモンGO』への対応を発表…プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  2. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  3. 『ポケモンGO』全世界7,500万DL達成、モバイルゲーム史に残る記録に

    『ポケモンGO』全世界7,500万DL達成、モバイルゲーム史に残る記録に

  4. 『グラブル』レジェンドガチャに「サマーバージョンキャラクター解放武器」登場

  5. 【レポート】リアルつりびとが『ポケモンGO』片手に大海原へ!相模湾ポケモン生態調査

  6. iOS/Android『テラフォーマーズ バスターズ -進化の雛形-』正式発表! 今秋配信予定

  7. シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

  8. 格安スマホ「TONE」大幅アップデート、社長「最も安心してポケモンGOが遊べる環境」

  9. 【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

  10. 【レポート】岩田聡と共に追いかけた『ポケモンGO』への想いを石原恒和や宮本茂が語る

アクセスランキングをもっと見る

page top