人生にゲームをプラスするメディア

発売を迎えた「妖怪ウォッチ 妖怪Pad」の現状をチェック、 今からの購入は可能なのか?

その他 玩具

発売を迎えた「妖怪ウォッチ 妖怪Pad」の現状をチェック、 今からの購入は可能なのか?
  • 発売を迎えた「妖怪ウォッチ 妖怪Pad」の現状をチェック、 今からの購入は可能なのか?
  • Amazon サイトショット
  • 楽天 サイトショット
  • ヤフオク! サイトショット
2014年を代表する一大コンテンツへと成長した「妖怪ウォッチ」。続々と登場するゲーム展開はもちろん、大人気を博したTVアニメや各種グッズのリリースなど、様々な活躍を遂げました。

グッズ関連では特に、売り切れも相次いだ「妖怪メダル」が大きな注目と関心を集めました。さらに先日、この「妖怪メダル」と連動し、様々なアプリも楽しめる「妖怪ウォッチ 妖怪Pad」が発売を迎えました。



アニメでもおなじみの「ウィスパー」が持つ携帯アイテム「妖怪Pad」を商品化したこの「妖怪Pad」は、劇中でも活躍している「妖怪ウキウキペディア」をはじめ、集めた妖怪メダルが登録できる「妖怪大辞典」や友達とスタンプなどをやりとりする「妖怪ゲラゲライン」などを収録。「妖怪ウォッチ」ファンの子供達から厚い支持を集めています。

品薄な商品は、新品・中古を問わずプレミア価格に至るケースも多いもの。それは「妖怪ウォッチ」に関連する各種アイテムも例外ではなく、過去いくつものアイテムが品切れになり、また転売の対象となった場合もありました。



発売から2日経過した「妖怪Pad」はどうなのか、このたび大手通販サイトなどを中心に調べてみました。現在Amazonでは、送料も視野に入れた場合の最安値は9,320円。「妖怪Pad」の定価は7,800円(税抜)なので、消費税を考慮したとしても少々高めの価格になっています。



楽天で検索してみると、こちらも9,000円台が連なる結果に。購入側からすれば余り嬉しい事態ではありませんが、これも「妖怪ウォッチ」人気の高さを表す一端なのかもしれません。なお2月発送分ならば、8,424円(送料込み)で販売しているショップもありました。



また「ヤフオク!」では、7,000円台から開始しているものもしばしば。とはいえこちらはオークション形式なので、ここからどこまで値段が上がるのかは状況の推移に負うところが大きいと言えます。

1月17日の発売から2日経過した「妖怪Pad」。新品を定価以下で、かつ即座に購入するのは難しそうですが、並外れた急騰をしている気配もありません。時期や店舗を選べば、適正な価格で購入するのも不可能ではなさそうです。なおこの記事は、1月19日の13:00時点のデータを元にしています。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

    マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  2. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

    【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

  3. あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

    あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

  4. 『艦これ』「ねんどろいど Pola(ポーラ)」予約開始、もちろん「酔っぱらい顔」やワイン各種も同梱

  5. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  6. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  7. 【クイズ】GAMEMANIA!:ゲームのキャッチコピー特集 ― 『ワンダと巨像』と『MOTHER3』のキャッチコピーに共通するワードは?

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

  10. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

アクセスランキングをもっと見る