人生にゲームをプラスするメディア

海外でamiiboが人気沸騰 ─ 『ディズニーインフィニティ』や『スカイランダーズ』のシェアに食い込む

任天堂 Wii

海外でamiiboが人気沸騰 ─ 『ディズニーインフィニティ』や『スカイランダーズ』のシェアに食い込む
  • 海外でamiiboが人気沸騰 ─ 『ディズニーインフィニティ』や『スカイランダーズ』のシェアに食い込む
  • 海外でamiiboが人気沸騰 ─ 『ディズニーインフィニティ』や『スカイランダーズ』のシェアに食い込む
  • 海外でamiiboが人気沸騰 ─ 『ディズニーインフィニティ』や『スカイランダーズ』のシェアに食い込む
海外では『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』と共に11月に発売されたamiiboですが、ロンチ以来その人気はぐんぐん伸び、今や非常にポピュラーなアイテムになっているようです。

ビデオゲームデータを分析するCONSULGAMERによると、任天堂はたった3週間で71万体のamiiboを販売。 家電量販店チェーンのBest Buyではゲームフィギュア販売数の約36%を占めるほどに。 これまで人気を二分していた『ディズニーインフィニティ』(36%)と『スカイランダーズ』(28%)のシェアにいきなり食い込んでいく形となりました。

しかし一部のフィギュアは初期出荷のみで追加生産なしとの情報もあり、実際出荷数の関係から入手困難になってしまったamiiboはレア物としてeBayに出品されて高値が付いているとのこと。

The Seattle Timesが掲載した米国任天堂社長Reginald Fils-Aime氏の言葉によると、同社はamiiboの現在の状況について把握しているものの、ここまで人気が出るとは予想以上だった模様です。

Fils-Aime氏はこれが任天堂にとって新しいビジネスであることを強調し、「現在も需要と供給のバランスの調整に務めている」と説明。 また、「amiiboについてのどのような機会も逃すつもりはない」とコメントしています。
《菜種》

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

    LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る