人生にゲームをプラスするメディア

菅野ひろゆきの名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』フルリメイク決定!

その他 全般

菅野ひろゆきの名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』フルリメイク決定!
  • 菅野ひろゆきの名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』フルリメイク決定!
MAGES.は、名作ADV『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のフルリメイクを「コミックマーケット87」にて発表しました。

1996年に発売された『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』は、そのストーリーはもちろんのこと、A.D.M.S(オート分岐マッピングシステム)と呼ばれる画期的なシステムを搭載しており、高い評価を受けていました。また、後にセガサターンやPCにも移植され、菅野ひろゆき氏が企画からプロデュースまでを担当しました。

菅野ひろゆき氏は2011年に亡くなられていますが、2014年5月に発表したXbox One『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』同様に、菅野ひろゆき氏の作品がMAGES.から復活です。

■スタッフ
・エグゼクティブプロデューサー:志倉千代丸
・プロデューサー:浅田誠
・キャラクターデザイン:凪良
・脚本:菅野ひろゆき


『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』は、ハード・発売時期・価格のいずれも不明です。
《栗本 浩大》

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  3. 【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

    【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

  4. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  5. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  6. 海外Netflixのアニメ版『悪魔城ドラキュラ』ポスターイメージが初披露!

  7. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  10. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

アクセスランキングをもっと見る